社会人でも気軽に行けちゃうフィリピン「プレ留学」とは?

留学に行ってみたいけれど、仕事が忙しくてなかなかそんな時間がない。
そんな風に、留学に行くことをあきらめてしまっていませんか?

こんにちは。西川清蘭です。

わたしが昨年、仕事の合間を縫って参加したのが、フィリピンプレ留学でした。その時の様子をお届けしたいと思います。

社会人でも気軽に行けちゃう「プレ留学」とは?

私は現在、国際協力関係の仕事をしています。
この仕事に就いたことが、わたしが英語に対して向き合う、ひとつのきっかけとなりました。

学生の頃から、漠然と英語に対する憧れは持っていました。

「洋画を字幕なしでみたい」
「とっさに外国人に道を尋ねられてもスマートに対応できるようになりたい!」

そんな思いは社会人になってからも持ち続けていましたが、
「仕事をしながら、いったいどうやって英語を勉強したらいいのかわからない」
「仕事を辞めてまで留学にいく勇気もない…」

そんな日々が続いていました。

そして、憧れが目標に変わったのは、今の仕事のおかげです。
仕事で英語を使う場面が増え、
「英語を使って、わたしはお給料をもらっているのだ」

このことにより、英語は単なる憧れではなくなりました。具体的な目標となったのです。

「英語に対する自信を持ちたい!」
「もしかしたら英語が話せるようになることで、
自分に対してだって、もっと自信を持てるようになるのではないか?」

そんな風に考えるようになりました。

しかし、普段の仕事に忙殺されてしまい、英語を伸ばしたい、留学に行ってみたいという気持ちはあるものの、なかなか一歩を踏み出せないでいました。

そんな時、社会人でも仕事の休みを取って行くことができる「一週間のフィリピンプレ留学」のお話をいただき、わたしは生まれて初めて、英語留学の機会を得ることができたのです。

ツアーの内容

1日目はマンツーマンの授業です。

もちろん、先生は英語しか話せません。始めは、自分が知っている英単語を使ってしか、話すことができず、言葉にできないもどかしさを感じました。

またライティングの授業では、聞いて発音はできたとしても、それを書くことができない。一日目は苦戦続きのまま、終わってしまいました。

ところが、2日目。1日目の授業より耳が慣れてきたせいか、「伝えたい」という思いが溢れてきて、
表情、身振り手振りも交えながら話すことができるようになりました。

「先生と話が通じたんだ!」
この感動は今でも忘れることができません。

3日目からは、いよいよプレゼンテーションの準備が始まりました。
自分の課題がより明確になりました。

わたしのプレゼンテーションテーマは、「日本の紹介と自分の夢について」

「英語を使って、プレゼンテーションができている!!」

もちろん緊張はしていましたが、嬉しさが全身にみなぎり、笑顔でプレゼンテーションを終えることができました。

フィリピン留学って、どんな感じ?

フィリピン留学は、最近ではよく耳にするようになりましたが、それでも行ったことがない人にとっては、不安ですよね。わたしが感じた、フィリピンをありのまま、お伝えさせていただきますね。

フィリピンの一番の魅力は、
「果てしなく続く海と、砂の白さ」です。

自然が創り出した岩や洞窟がとても神秘的で、息をのむような美しさでした。
フィリピンに行ってから、何でもできる気になってしまい、なんと、崖からの飛び込みにも挑戦!

普段の自分だったら、絶対にやらないようなことにも挑戦している自分がいました。

スノーケリングも最高ですよ。海の綺麗さに驚きました。色とりどりの魚をおいかけながら過ごす時間は最高でした。

最後に…今年こそ、留学をしてみたいあなたへ

 「言葉と文化の違いを超える。そして、自分の限界を超える」

ありきたりな表現ではありますが、留学を通して、英語力をつけることはもちろん、日本では体験できない人との出会いや環境を通して、一つの大きな自信をつけることができるようになりました。

人生に一度は、留学をしてみるべき、と言っても過言ではありません。

また日本を少し離れてみることで、日本人として生まれたことに対する誇りも、芽生えました。

「社会人になり、長期の留学に行くのはとても無理だ」

「なかなか留学への一歩を踏み出せない」

そんな方には、プレ留学がおすすめです。

プレ留学にいくことで英語を学ぶ目的も、明確になりますし、実際に日本語が伝わらない環境に身をおくことで英語に対する思いもきっと変わるでしょう。

プレ留学で、普段の日本ではできないグローバルな世界を体験してみませんか?

この記事を書いた人

Nishikawa Seiran
Nishikawa Seiran
昔から海外への憧れが強く、国際協力関係の仕事をしている。2018年に初留学を果たしたことをきっかけに、ウォーリーへの記事の寄稿をスタート。

ABOUTこの記事をかいた人

Nishikawa Seiran

昔から海外への憧れが強く、国際協力関係の仕事をしている。2018年に初留学を果たしたことをきっかけに、ウォーリーへの記事の寄稿をスタート。