アメリカ

アメリカF1ビザの手続きの流れは?大使館面接での質問も公開

アメリカ, 留学, ホームステイ

アメリカに移住したいのであれば、学生ビザが一番手取り早いですよね。

わたしは、学生としてカルフォルニアに移住するにあたり、 F1ビザを取しました。

留学会社にF1ビザ取得手続きをサポートしてもらい、無事にビザを取得できたのですが、手続きの各ステップではビザ特有の書類や準備が必要となりました。

今日は、F1ビザを取得したときに準備したことや行った手続きをご紹介したいと思います。

これからF1ビザを取得して移住する方は、ぜひ事前に確認していただければと思います。

アメリカのF1ビザとは?

アメリカに旅行するときは「ビザ免除プログラム」を利用して渡米することができますが、学校で英語の勉強をするという場合には観光ではないため、「学生ビザ」を取得することになります。

学生ビザにもいくつか書類はありますが、「フルタイムで学校に通い、英語を学ぶ」ということを前提としたF-1ビザを申請することが一般的です。

フルタイムの定義ですが、留学先が高校や大学の場合には「一学期に12単位以上を取得する」こと、語学学校の場合には「週18時間以上授業を受ける」という要件が定められています。

取得したF1ビザは、アメリカへの入国審査のときに必要になります。

アメリカ入国した時に空港の審査官に「入国の目的」を質問されますが、その時に「学校で勉強する」旨を伝え、学校からの入学許可証(I-20)ビザを見せて入国審査を受けます。

アメリカ生活が始まった後も、ビザは自分の身分証明代わりに見せることになるので、F1ビザの取得はとても重要なステップです。

F1ビザの申請手続きの流れ

F1ビザの申請手続きはかなりボリュームがあります。

手続きの詳細に入る前に、F1ビザ申請手続きの全体の流れをざっくりとご紹介しますね。

※ここではパスポートの準備は既にできているという前提でお話します。

1.銀行残高証明書の発行

2.学校からI-20(入学許可証)を発行してもらう

3.アメリカ大使館のサイトでビザ申請書類DS-160を作成

4.アメリカ大使館で面接の予約をする(ビザ申請料金も支払う)

5.SEVIS費用を支払う

6.アメリカ大使館で面接

大使館面接ではその場でF1ビザ申請の結果が言い渡されます。

大使館面接でF1ビザ申請が認められると、入学許可書に記載されている日付の30日前から入国することができ、晴れてアメリカ生活をスタートさせることができます。

それではここからは、各手続きについて、わたしの体験をシェアさせていただきます。

1. 銀行残高証明書(英文)の発行

F1ビザを申請するには、学校の授業料の他に、滞在費や食費などの生活費を学生が一学年以上払い続けられることを証明する必要があり、銀行残高証明書が必要書類として義務付けられています。

わたしは銀行の窓口で英文の残高証明書を発行してもらいましたが、
手続きはとても簡単で、銀行の窓口に行き、残高証明書を取得したい日付と通貨をアメリカドルで出してもらうように指定するだけでした。

窓口には、下記のものを持っていきました。

・ 届け印
・ キャッシュカード または 通帳
 

わたしが手続きをした銀行では、口座ごとに1通864円(消費税込)の発行手数料がかかりました。

窓口での手続きから約1週間後に、英文の残高証明書が郵送にて送られてきました。

2.学校から入学許可証(I-20)を発行してもらう

わたしは留学会社に語学学校を斡旋してもらっていたのですが、学校から入学許可証(I-20)を発行してもらう前に、まず、下記のステップを進めました。

①アメリカで通う学校を決定

②学校への申し込み手数料(Application Fee)を支払う

③留学会社から語学学校に申し込み

わたしは、割と大手で定評のあるKaplanという語学学校に通うことに決定し、留学会社を介して、Application Feeを支払いました。

留学会社から「語学学校に申し込みをしました」という連絡を受けてから1週間後くらいには、学校から入学許可証(1-20)が自宅に郵送で送られてきました。

こちらの“Letter of Acceptance”と書かれた書類が、私が学校から受領した入学許可証(I-20)です。

アメリカの学校から直接送られてきたI-20を手にすると、「いよいよ渡米するのだ」という気持ちが高まってきたことを覚えています。

I-20は3枚綴りになっており、1枚目に日付と署名をして大使館面接まで保管しました。

3. ビザ申請書類DS-160を作成

学校から入学許可証が発行されると、続いて大使館に提出するDS-160という書類を作成します。

DS-160はかなりボリュームがあり、書類作成のために、まず下記のような情報を準備する必要があります。

・パスポート

・直近5回までの渡米歴

・入学許可書(I-20)の内容

・デジタル写真(カラー)

・既に渡米予定が決まっている場合にはその日程

・過去の職歴、職場の情報

※その他、家族の情報なども入力することになります。

上記の情報をDS-160で質問に答える形で質問をしていきます。

私の場合は、留学会社がヒアリングシートを作成してくれていたので、それに答える形でDS-160を作成しました。

一度DS-160を作ったところで、留学会社から、「審査に通るように、これまでの職歴は一貫性を持たせるように修正した方がいい」とアドバイスをもらい、何度か修正を加えていきました。

たとえば、わたしの場合、法律系の仕事に就いた後、相続や債務の整理、会社設立など多岐にわたる法律手続き業務を行っていました。

しかし、「アメリカの起業、スタートアップをカルフォルニアで学ぶ」ために渡米するという目的で大使館面接に向けて準備していたので、書類に書く職歴もそれと一貫したものになるように修正しました。

結局、DS-160には、相続や債務の整理の仕事については書かず、会社設立やM&Aの案件など、「起業・スタートアップ」と関連性のある職歴のみをピックアップして書きました。

このDS-160の申請書を作成後の確認ページは、留学会社から郵送してもらい、大使館面接にも持参しました。

4. SEVIS費用を支払う

SEVIS費用とは、”Student and Exchange Visitor Information System”というシステムの運営負担費用で、学生に義務付けられている費用になります。

SEVIS費用は「SEVIS I-901 Fee」というサイトで、クレジットカードで支払いをします。

SEVIS費用の支払い証明書は重要な書類ということで、渡米する時にも手荷物で持っていきました。

5. 大使館面接の準備

まず、大使館面接の準備にあたっては、面接官に伝える渡米の目的をしっかりと準備しました。

私の場合には「アメリカの起業、スタートアップをカルフォルニアで学ぶ」という目的で準備し、
さらに、「なぜアメリカのスタートアップを学ぶのか」という理由も英語で説明できるように準備をしました。

具体的には、「アメリカでスタートアップを学び、日本の起業家支援に役立てたい」というストーリーを英語で話せるように練習しました。

大使館面接前に、留学会社がリハーサルを行ってくれたのですが、
そこで言ってもらった一言がとても印象に残っています。

「大使館面接にあたって一番重要なことは、アメリカに移住するつもりがないということをアピールすることだ」

もちろん、英語を学ぶ目的でビザを申請しているので何も悪いことはしていないのですが、アメリカ大使館の面接官は、アメリカの失業率が上がっていることもあるのか、「現地で仕事に就きたい」という人にはまずF1ビザを許可してくれません。

わたしは留学会社から、F1ビザの申請に落ちてしまった人の例を聞いたのですが、

・大使館面接で「アメリカが好きで移住したい!」と言ってしまった人

・ずっと派遣やパートのような仕事ばかりで正社員になったことがない人

・残高証明書の金額が少ない人(200万以下は危険)

上記のような人は「アメリカにF1ビザで入国後、そのままアメリカに不法滞在してしまうのではないか?」という疑念を持たれるようで、落ちてしまったということです。

「アメリカに移住する目的がないことをきちんと伝えよう」ということを一番に意識して、大使館面接に臨みました。

6. 大使館面接当日

大使館面接では、あれこれとかなり質問攻めにされるのではないかと心配になったのですが、
わたしの場合には、自分で経営している会社のことについて聞かれただけでした。

面接官「どういう会社を経営しているの?」

わたし「法律の事務所を経営していて、主に会社を立ち上げる人の手続き支援をしています」

面接官「あなたがアメリカに行っている間、その会社はどうするの?」

この質問をされた時に、わたしは直感的に、
「これは日本に帰るつもりがあるということをアピールするチャンスだ!」と思いました。

そこで、わたしはこのように答えました。

わたし:「わたしがアメリカに行く間は、ビジネスパートナーが中心になって事務所を経営しますが、数年後には、わたしも日本に戻って、アメリカから学んだことをビジネスに活かすつもりです」

このように答えたところで、面接は無事に終了し、ビザ申請が許可された旨が言い渡されました。

面接官は「わたしが日本に帰国することを前提としている」と判断してくれたのだと思います。

その後、1週間ちょっとでF1ビザのスタンプが押されたパスポートが郵送されてきました。

まとめ

わたしはF1ビザを取得するにあたり、たくさんの書類作成や情報整理がありましたが、特に力を入れたのは、大使館面接に向けた準備でした。

これからF1ビザを取得される方は、ぜひ事前に「渡米の目的」「日本に帰国する予定」を含めて、入念に準備されることをお勧めしたいと思います。

この記事を書いた人

Risa Suzuki
Risa Suzuki
慶應義塾大学を卒業後、2008年司法書士事務所を開業。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。2016年からアメリカへ移住し、海外へ移住したい人向けのライフワークサポートを開始。
ABOUT ME
Risa Suzuki
Risa Suzuki
慶應義塾大学を卒業後、2008年司法書士事務所を開業。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。2016年からアメリカへ移住し、海外へ移住したい人向けのライフワークサポートを開始。