アメリカ

移住する前に知っておきたいアメリカ移住にかかった費用の内訳

移住, 費用

海外移住を考えた時に一番心配なことは、「一体いくらのお金がかかるのか」ということではないでしょうか。

わたしは1年半前から移住の計画を立て始め、アメリカのカルフォルニアに移住しました。

今日は、わたしがアメリカに移住するまでにかかったお金をリストアップしてご紹介したいと思います。

移住を計画されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

移住するまでに何にお金がかかる?

日本国内での普通の引っ越しと違い、アメリカに移住する場合、ビザの手続き費用から始まり、航空券代、保険代など、多額のお金がかかります。

わたしが初めてアメリカに渡ったときは、カルフォルニアに移住したのですが、
学生ビザを取得して移住するという選択をしたので、学生ビザの取得にかかるお金、学校の授業料などがかかりました。

まずは、その時にどんなことにお金がかかったかをリストアップしてみたいと思います。

【移住手続きでかかったお金】

・学生ビザの取得

・学校の授業料(7ヶ月分)

・航空券代

・保険代(一年分)

わたしの場合、上記の移住手続きにかかるお金以外に、移住前に英語力をアップさせておきたかったので、
日本でマンツーマンの英会話スクールに通ってアメリカ人のレッスンを受講したほか、フィリピンに3週間、発音矯正をするために留学しました。

【移住前に英語力を上げるためにかかったお金】

・移住前のマンツーマン英会話レッスン代

・移住前のフィリピン留学代

英語なんてアメリカに行ってから学べばいいのだから、移住前に英語にお金をかけていいものだろうか、と悩んだこともありました。

ただ、今になって思うことは、英語の発音矯正やレベルアップをしておいたおかげで、
英語の勉強ではなく、現地の生活に慣れることに集中できました。

また、英語のレベルを高めておいたことで、語学学校から現地の大学に早く編入することができ、結果として語学学校の授業料が50万円ほど返金されたので、わたしにとってはよい決断だったと思っています。

実際、移住するまでにいくらかかった?

続いて、上記の項目について「具体的にそれぞれいくらかかったのか?」を算出してみました。

ビザ取得費用から移住前の英語学習費用を含めて、アメリカに移住するまでに合計200万円以上の費用がかかりました。

ビザ取得費用 約6万円
渡航費用 約13万円
保険代(1年) 17万6.420円
アメリカの学校授業料(7ヶ月) 125万8,787円
日本での英会話レッスン代 30万円
フィリピン留学代 354,729円 
 合   計 2,279,936円

どうりで、預貯金の金額がものすごいスピードで減っていったわけですね。。。

アメリカの学校授業料の内訳について

上記の項目の中でも、アメリカの学校授業料は学校のレベルによって差があると思いますので、少し補足していきたいと思います。

わたしが申し込んだ学校は、Kaplanという割と大手の学校で、わたしは、ビジネス英語にも力を入れたインテンシブコースに申し込みました。

平日は毎日、朝から夕方の16時くらいまで授業がみっちりと入っているコースだったので、他のコースよりも少し授業料は高かったと思います。

わたしがこのコースを選んだ理由はこの3点でした。

ビジネス英語をしっかり学びたかった

オンライン講座が充実していた

Kaplanがある他の地域(ニューヨーク、ロサンゼルスなど)に
転校することが可能

わたしの場合、日本での英会話レッスンやフィリピン留学なども含めて、英語の準備にお金をかけていましたが、海外経験がある方は、こういった費用を節約できると思います。

まとめ

わたしは、アメリカに移住するまでに約227万のお金がかかりました。

わたしのように学生ビザで移住するという方は、学校の授業料がありますので、200万くらいの費用は移住までにかかると思っておいた方が安心かもしれません。

これからアメリカに移住される方は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

この記事を書いた人

Risa Suzuki
Risa Suzuki
慶應義塾大学を卒業後、2008年司法書士事務所を開業。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。2016年からアメリカへ移住し、海外へ移住したい人向けのライフワークサポートを開始。
ABOUT ME
Risa Suzuki
Risa Suzuki
慶應義塾大学を卒業後、2008年司法書士事務所を開業。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。2016年からアメリカへ移住し、海外へ移住したい人向けのライフワークサポートを開始。