外国人から見た日本のすごいところ50Part 3

Japan Travel Mate の記事に掲載されていたものを和訳しました。外国人(この記事の場合オーストラリア人)から見た日本のすごいところについてです。

 

31. Cheap food – 安い食べ物

 “I’m thinking specifically of western-style restaurant chains (Joyful and Gasto). They are open 24 hours, the prices are cheap, usually below 1000yen and for a little extra you can have all-you-can-drink from the drink bar.”

和訳:「私が思うに特に洋風のレストランチェーン店(ジョイフルやガスト)がそうだ。24時間営業で値段も安く、だいたい千円以下で少し多く払えばドリンク飲み放題などがつけられる。」

“western-style” は洋風や、主に西洋風のことを指します。”chains”は鎖やつながっているもののことを言うこともありますが、ここの場合はレストランのことなのでチェーン店という意味になります。

24時間は日本ではそう珍しいことではありませんが、外国人からしたらとても珍しいことなんです。特にレストランなどで24時間営業なんてことは海外ではめったにありません。

“all-you-can-drink” は飲み放題という意味です。食べ放題は”all-you-can-eat” となります。

 

32. Pachinko – パチンコ

“I’m not the kind of guy that frequents them. The kind of people you’ll find at pachinko parlours are either unemployed or retired.”

和訳:「私は頻繁に利用する人ではない。パチンコ店で見かける人は大抵フリーターか、退職された方だ。」

“Kind of” は日々の会話でもよく使われるフレーズでその使い方はいろいろあります。まずここでの”kind of”は「そのような」や「その種の」という意味で使われています。”The kind of people”(そのような人々)など人や物の種類などを指す場合に使われます。

他の”kind of”の使い方は会話などでよく使われる「多分」や「まあまあ」という意味です。例えば、”You look kind of sleepy.”(君なんか眠そうだね。)という風にも使うことができるのでこの場合に”the”や”a”を前につけないように気をつけましょう。アメリカ英語ではたまに”kinda”と省略して使うことがありますが、これは丁寧な言い方ではないのでそこも気をつけなければいけません。

よく日本語の「フリーター」が和製英語だと思われる方がいらっしゃいますが、英語でそのままフリーターと言っても通じません。「フリーター」と同じ意味となるのが”unemployed” という単語を使います。

 

 

33. Style – ファッションスタイル

“My favourite place for a bit of Japanese-fashion-assimilation is Uniqlo, check it out and grab yourself some unique limited edition shirts.”

和訳:「私が日本のファッションに融合した時に一番好きだったお店がユニクロだ。ぜひチェックして、ユニクロ限定のシャツたちを自分用に買ってほしい。」

“assimilation”とは「同化」、「融合」などの意味があります。

“check it out”というフレーズはいろんな場面で使われいて、知っておくととても便利なフレーズです。直訳すると意味は「それを調べてみて」など。ただ普段の日常会話などカジュアルな場面での意味は「ちょっと見て」「ちょっと聞いて」となります。この文の場合だとお店をチェックしてという意味にもなりますし、あるいは「ちょっと行ってみて」という意味にもなります。

 

34. Okonomiyaki – お好み焼き

“Sometimes described as a Japanese pizza. Osaka and Hiroshima are well known for okonomiyaki and truly make some of the best I’ve ever tried.”

和訳:「よく日本のピザと言われる。お好み焼きは大阪と広島で有名で、私が知る中では特に美味しいのがそこだ。」

お好み焼きは「日本のピザ」と説明すれば外国の方も親しみを持ってくれます。ただ、たまに見た目を見てこれは食べたくないっと言われる方もいますので(中の具などが嫌いな方もたまにいます)、外国の方にお好み焼きをご馳走する際まず事前に説明しておくと安心かと思います。

35. Shikoku – 四国

“The bridges are amazing and there is also a phenomenon of whirlpools in the water near the bridges.”

和訳:「橋が素晴らしいよ、それに橋の近くには渦巻きができる現象が起きるらしい。」

“phenomenon” は「現象」という意味もあり、「能力」、「天才」という意味でも使われます。

“whirlpools” は「渦巻き」という意味です。日本語の「ジャグジー、ジェットバス」は英語で”Jacuzzi” となりますが、”whirlpool bath” という時もあります。

 

36.Japanese-to-English translations – 和英訳

“Everywhere you will find Japanese that has been translated to English. I’m always on the lookout for these, a laugh is guaranteed.”

和訳:「日本ではどこでも日本語から直訳された英語の文章が見つかる。私はいつもそれを探してるよ、笑えるのは保証されてる。」

最近はいたるところに英語表記がありますが、たまに間違った英語を使ったものを見かけます。少し間違えてしまうと全然違う意味にもなってしまいますので、そこは気をつけたいものです。

37. Mt Fuji – 富士山

“This is just a damn cool lookin’ mountain” 

和訳:「これはめっちゃかっこいい山だ。」

“damn” という言葉はいろんな意味で使われます。そのままの意味はののしり言葉(英語でいう”Swearing word”)として知られています。ネガティブな言葉にみえますが、普段はカジュアルな会話などで用いる場合、「めちゃくちゃ」「すごく」といった意味で使われます。例えばここで使われている”damn cool”(めっちゃかっこいい)もその使い方の一つです。

あと何かを強調したいときにも”damn”は使われます。例えば、”It’s so damn hot today.”(今日めちゃくちゃ暑い。)など。結構日常的にも使える単語なので使い方も覚えておくと便利です。

 

38.Train stations – 駅

“Train stations are actually less of a train station and more of a mega shopping complex, with multiple levels above and below ground to do almost any kind of shopping imaginable.”

和訳:「実は鉄道の駅には駅よりも数階あり、地下には想像できる限りのお店が並ぶショッピングモールの方が充実している。」

日本の駅にはお店のほかホテル、レストランなどいろんな施設が用意されていますよね。海外ではこれだけ充実した施設が駅にあることはなかなかありません。あっても食べ物を調達できるところや本屋くらいです。海外の駅に慣れていると、日本に帰ってきた時、数何階もあるのでよく迷ってしまいます。

39. Architecture – 建築

” From the almost ancient temples and castles, to modern houses which retain a flair of historic Japanese design, there is a lot of impressive architecture all over Japan.”

和訳:「古代のお寺やお城から現代の家々には古き日本のデザインのセンスの良さが保たれている。日本のあらゆる場所に印象的な建築物がある。」

“ancient”は「古代」という意味で、その反対が”modern” で「現代」という意味です。

“flair”は「センスの良さ」のことを指します。他に「才能」、「スマートさ」などという意味としても使われています。発音が”flare”(燃え上がる)と同じなので聞き間違えのないように気をつけましょう。

40. Masks – マスク

“I think this is really hygienic and should be adopted everywhere around the world. ” 

和訳:「これは本当に衛生的で、世界中で使われるべきであると私は思う。」

日常的にマスクをつけるのは実は、日本独特です。旅行された方はわかるかもしれませんが、マスクなんて海外で売られているのを見たことがありません。風邪予防の方もいますが、自分の風邪を人にうつしたくないという方もマスクをするというのを聞いて、さすが気配りができる日本人だなっと思いました。

写真はすべてJapan Travel Mate のブログからです。まだまだ続きますのでぜひ次の記事も読んでみてください。