LINEで送る
Pocket

今回は、社会人である私が仕事をしながら3週間ほどでTOEIC800点を取った時の勉強法をお伝えします。仕事をしながらだったのでTOEIC勉強だったため前回の様にうまくいがず、始めはなかなか結果が伸びませんでした。時間が多く取れない社会人は、ポイントを抑えた効率的な勉強が求められます。

前回記事:英語嫌いな私がTOEIC 800点を一ヶ月で突破した3つの秘密とは

notebook-933362_640

TOEIC勉強をし始めた理由とは、、、

私が2年ぶりにTOEIC勉強をした理由は会社の決まりで、2年更新でTOEIC(IP)800点以上の点数をとる必要があり、前回の有効期限が切れてしまったからです。※免除条件有り

学生の頃と社会人になってからでの学習環境の違い

3月10日に事前勉強なしにTOEICIPテスト(企業向け)を久々に受けました。通常業務が終わってからの受験だったため、前回受験時とは違い眠気、疲れのせいで、集中ができませんでした。
リスニングの時にはうっかりすると眠ってしまいそうな中で問題を解きました。結果はまずまずのところで680点でした。勉強せずにこの点数なら3週間勉強すれば800点取れるんじゃないかと思い勉強を開始しました。

ただ予想はことごとく外れました。

勉強方法

まず、平日通常業務を終わらせてからの勉強だと疲れのせいで集中ができない、集中力が長く続きません。具体的には、リスニングをしている時、気が付くと何問か過ぎているなんて事もありました。ただとりあえずは前回の勉強方法と同様に、ひたすら過去問題集を解き続けました

次に土日の勉強方法ですが、同じくひたすら過去問題を解きました。ここでも前回と違う点がありました。回数を重ねても点数が上がらないという事でした。

学生の頃と比較して点数が上がらない要因

  • 学生の頃程、ほとまとまった時間が取れない
  • 仕事、育児の疲れ
  • 家で勉強していた
  • テストに対する緊張感が少ない

とにかく回数を重ねても点数があがらない。
正直あせりを感じました。長期戦になるかなとも思いました。ただ、とりあえず変わらず過去問題を解いて、間違えたところはとことん復習する事を繰り返しました。

過去問題集の復習は前回と同様です。(TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」)

なぜ間違えたのか理由を理解する。

文法、単語、リスニングの場合はブレンディングなど間違えた理由を明確に理解し、徹底的に頭に刷り込みます。単語の場合は何度も書く事で覚えらます。リスニングのパートは間違えた部分を聞き取れる様になるまで何度もリピートして聞き、耳を慣らせました。

3月31日2回目のテストを受けました。勉強したわりに、できたという感覚がなく結果705点でした。

学習方法を過去問題から弱点パート克服にシフト

ここで勉強の成果がほとんど出ていなかったため平日の勉強方法を変えました。過去問を解くのではなく弱点パートの勉強をする事にしました。

私が行ったのはリスニングとパート5,6の文法対策でした。
文法対策は一問10秒ほどで解ける問題をサクサクと解いていく問題集を何回も繰り返しました。

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

リスニングは点数があがっていたため二日に一回過去問のリスニングパート(45分)のみを勉強をする事にしました。過去問を2時間解くよりも短時間の集中力で問題を解けるので平日の勉強には適していると思います。
平日はこのように弱点克服のためのパート別に勉強する事をお勧めします。

4月10日3回目のテストの結果805点を取る事ができました。

最後10問解けず適当に記入した部分の正答率が高かったのか、想像以上に良い点数がとれ、予定の3週間は越えてしまいましたが、無事1ヶ月で目標点数を取る事ができました。

仕事後のテスト時でもコンティションを整える方法

仕事後にテストを受ける際にもう一つ重要になってくるのが、テストを受けるときのコンディションです。私が行っていた事は3つです。

1、リポビタンDをテスト直前に飲む事。
これは正直効果があったかわかりませんし、人によって効果が変わってくると思います。

2、テスト前に長めにトイレに行くことです。
いつもよりも長めにいて、テスト中にトイレに行きたくならないようにしました。(結果的に3回のテスト全てテスト中にトイレに行きたくなりましたがw)

3、前日は早めに帰る
当日のコンディションを整えるために前日は睡眠をしっかりとり、疲れを取る事を意識しました。

これまでのおさらい

1、平日はさっと解ける余り頭の使わない問題をとく。
2、土日にまとまった時間を確保し過去問題(2時間通し)を解く
3、テストに良コンディションで望む

使用教材

前回の記事を参照してください。(TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」

TOEIC点数経過

3月10日 680点

3月31日 705点

4月10日 805点

勉強時間

平日2~3時間、土日6時間づつです。このスケジュールを1ヶ月間程続けておりました。

【関連記事】
・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは
・外人から見た日本のすごいところ50
・他には無いスイス留学4つの魅力とは
・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート②
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

この記事を書いた人

yasu
yasu
韓国の延世大学にて経営学を学ぶ。大学在籍中、早稲田大学へ交換留学をし、フィリピンへの短期留学で英語をマスターする。2014年より大手IT企業にて法人営業に従事。
LINEで送る
Pocket

仕事をしながら3週間で、TOEIC800点を取った時の話http://worlli.com/wp-content/uploads/2016/04/notebook-933362_640.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/04/notebook-933362_640-150x150.jpgyasuTOEIC英語学習今回は、社会人である私が仕事をしながら3週間ほどでTOEIC800点を取った時の勉強法をお伝えします。仕事をしながらだったのでTOEIC勉強だったため前回の様にうまくいがず、始めはなかなか結果が伸びませんでした。時間が多く取れない社会人は、ポイントを抑えた効率的な勉強が求められます。 前回記事:英語嫌いな私がTOEIC 800点を一ヶ月で突破した3つの秘密とは TOEIC勉強をし始めた理由とは、、、 私が2年ぶりにTOEIC勉強をした理由は会社の決まりで、2年更新でTOEIC(IP)800点以上の点数をとる必要があり、前回の有効期限が切れてしまったからです。※免除条件有り 学生の頃と社会人になってからでの学習環境の違い 3月10日に事前勉強なしにTOEICIPテスト(企業向け)を久々に受けました。通常業務が終わってからの受験だったため、前回受験時とは違い眠気、疲れのせいで、集中ができませんでした。 リスニングの時にはうっかりすると眠ってしまいそうな中で問題を解きました。結果はまずまずのところで680点でした。勉強せずにこの点数なら3週間勉強すれば800点取れるんじゃないかと思い勉強を開始しました。 ただ予想はことごとく外れました。 勉強方法 まず、平日通常業務を終わらせてからの勉強だと疲れのせいで集中ができない、集中力が長く続きません。具体的には、リスニングをしている時、気が付くと何問か過ぎているなんて事もありました。ただとりあえずは前回の勉強方法と同様に、ひたすら過去問題集を解き続けました。 次に土日の勉強方法ですが、同じくひたすら過去問題を解きました。ここでも前回と違う点がありました。回数を重ねても点数が上がらないという事でした。 学生の頃と比較して点数が上がらない要因 学生の頃程、ほとまとまった時間が取れない 仕事、育児の疲れ 家で勉強していた テストに対する緊張感が少ない とにかく回数を重ねても点数があがらない。 正直あせりを感じました。長期戦になるかなとも思いました。ただ、とりあえず変わらず過去問題を解いて、間違えたところはとことん復習する事を繰り返しました。 過去問題集の復習は前回と同様です。(TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」) なぜ間違えたのか理由を理解する。 文法、単語、リスニングの場合はブレンディングなど間違えた理由を明確に理解し、徹底的に頭に刷り込みます。単語の場合は何度も書く事で覚えらます。リスニングのパートは間違えた部分を聞き取れる様になるまで何度もリピートして聞き、耳を慣らせました。 3月31日2回目のテストを受けました。勉強したわりに、できたという感覚がなく結果705点でした。 学習方法を過去問題から弱点パート克服にシフト ここで勉強の成果がほとんど出ていなかったため平日の勉強方法を変えました。過去問を解くのではなく弱点パートの勉強をする事にしました。 私が行ったのはリスニングとパート5,6の文法対策でした。 文法対策は一問10秒ほどで解ける問題をサクサクと解いていく問題集を何回も繰り返しました。 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 リスニングは点数があがっていたため二日に一回過去問のリスニングパート(45分)のみを勉強をする事にしました。過去問を2時間解くよりも短時間の集中力で問題を解けるので平日の勉強には適していると思います。 平日はこのように弱点克服のためのパート別に勉強する事をお勧めします。 4月10日3回目のテストの結果805点を取る事ができました。 最後10問解けず適当に記入した部分の正答率が高かったのか、想像以上に良い点数がとれ、予定の3週間は越えてしまいましたが、無事1ヶ月で目標点数を取る事ができました。 仕事後のテスト時でもコンティションを整える方法 仕事後にテストを受ける際にもう一つ重要になってくるのが、テストを受けるときのコンディションです。私が行っていた事は3つです。 1、リポビタンDをテスト直前に飲む事。 これは正直効果があったかわかりませんし、人によって効果が変わってくると思います。 2、テスト前に長めにトイレに行くことです。 いつもよりも長めにいて、テスト中にトイレに行きたくならないようにしました。(結果的に3回のテスト全てテスト中にトイレに行きたくなりましたがw) 3、前日は早めに帰る 当日のコンディションを整えるために前日は睡眠をしっかりとり、疲れを取る事を意識しました。 これまでのおさらい 1、平日はさっと解ける余り頭の使わない問題をとく。 2、土日にまとまった時間を確保し過去問題(2時間通し)を解く 3、テストに良コンディションで望む 使用教材 前回の記事を参照してください。(TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」) TOEIC点数経過 3月10日 680点 ↓ 3月31日 705点 ↓ 4月10日 805点 勉強時間 平日2~3時間、土日6時間づつです。このスケジュールを1ヶ月間程続けておりました。 【関連記事】 ・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは ・外人から見た日本のすごいところ50 ・他には無いスイス留学4つの魅力とは ・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート② ・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20Just another WordPress site