LINEで送る
Pocket

こんにちは。名前は“楽しい”と書いて小松楽(こまつらく)と申します!2016年の8月から約10ヶ月間、大学の交換留学を利用してタイのタマサート大学に在籍しています。前期が終わり、約1ヶ月のお休みを挟んで、現在は後期に突入しているところです。今回は最近流行りの“留学”というワードから、東南アジアの“タイ”への留学に焦点を当てて書いていこうと思います!

グループワークでタイ人の学生と大学内のカフェで勉強してる様子。1番左が小松楽さん。

内容は、

1:僕がタイに留学しようと思った理由

2:タイ留学って実際どんな感じなのか

3:タイ留学はおすすめなのかどうか

1:なぜタイに留学しようと思ったのか

よくタイに交換留学できているというと、「授業をタイ語で受けているのか」と聞かれることがよくあります。そこでまず、「お前なんでタイに留学したの?」「タイ語勉強してんの?」「トムヤンクン毎日食ってんの?」という質問にお答えします。タイに留学しようと思った経緯は、まあ、色々あるのですが、大きく分けて三つあります。

・安い

・飯がうまい

・近隣諸国に遊びに行ける

しまった。つい本音が。

本気でガイドブックに載せたい、アパートの前にある屋台のカオマンガイ。

ちなみに、僕はこのカオマンガイを週2〜3のペースで朝ごはんとして食べてます。気を取り直して、留学の理由は以下の三つです。

①東南アジアが好き、将来は東南アジアと関わりのある仕事に就きたい

幼い頃からタイへは家族旅行で行っており、なじみがあったのがまず言えます。父親がタイと関わりのある仕事をしており、また母親も昔タイに住んでいた経験があるという家族背景があります(二人はタイ語の学校で知り合ったらしい)。あとはバックパック背負って東南アジアを周遊した経験もあり、タイに関わらず東南アジア全般に個人的に関心がありました。そんなことで、将来は日本と東南アジアをつなぐ仕事に就きたいなと漠然と考えていました。

②タイにおける社会保障制度を学びたい

学部の留学なので勉強するために来ています。東南アジアの中でも高齢化が進んでいるタイにおいて、今後どのような社会保障制度が必要になってくるのか、というのを勉強のテーマにしています。日本の大学では社会保障を学ぶゼミに所属しています。東南アジア以外にもバックパックで色々訪問し、他の旅行者と話したりしているうちに、各国のワークライフバランスに興味を持つようになり、社会保障を勉強しようかなと考えがまとまりました。

またいろんな国でいろんな人と触れることで、「なんでこいつ平気で仕事やめてプラプラ世界を周ってるんだろう?」、「あれ、君の国(デンマーク)では大学入学平均年齢21歳なの?」、「仕事してるのに、どうやってこんなに長期で休みとってんの?」みたいな具合に様々な疑問がわき上がりました。そんなキッカケを与えてくれた地域の制度についても知りたいなあなんて思いました。

③インターンもしくはボランティアに挑戦したい

タイではインターンのチャンスが容易にあります。日系企業も多く進出しており、日本と関係の強いタイにはインターンやボランティアのチャンスが多くあるので、学業以外にも学べるものは沢山あります。僕は、自分の関心のある福祉政策に関連していた経緯から、職業訓練などを主とした障害者のエンパワメントを促進する日本政府・タイ政府の共同で創設された王室財団で前期中はインターンをさせていただいていました。

 

とまあ、意外と普通な理由です。他にも細かいものがいくつかありますが、公には言えないこともあるので、割愛。

2:タイ留学って実際どうなの?

タマサート大学のタープラチャンキャンパスでは数少ない大教室。ほとんどの学生は学校指定の制服を着ています。

それで、実際タイ留学てどうなのか、タマサート大学での前期を終えて僕が感じたことを簡単に書いていきたいと思います。ここではあくまで僕の経験を元に個人的見解のみで書いていきます。

タイ人の英語はどんな感じなのか、大学での英語に関して

僕は今タマサート大学のインターナショナルプログラムに通うタイ人の学生と一緒に授業を受けています。なので授業は全部英語です。そしてタイ人の学生の英語力はというと、正直ピンキリです。英語ネイティブという学生もいますし、バリバリ「ティングリッシュ」というタイ訛りの英語の学生もいます。

ですが、総じて英語での意思疎通はみんな余裕でできるレベルです。僕のタイ人の友人では、アメリカ育ちや、高校時代に海外留学した経験があって、スペイン語や北欧の言葉も扱える学生も結構います。中にはインターナショナルスクール通いでタイ語よりも英語が上手で、タイ語の読み書きに苦戦している友達も。。

そして授業は英語ですが、これまたタイ人の先生と他国籍の先生で変わってきます。先生の英語もしかりですが、授業内容などの評判などもタイ人の友達に相談しながら授業は選ぶようにしていました。

勉強について

僕がいま通っているタマサート大学では、教授もタイ人の先生に関わらず、世界中から来ています。僕が現在受けている授業の中でもデンマーク人の先生からASEANに関する社会保障について学ぶ授業があります。

日本と同じで取る授業によりけりですが、周りの学生を見ても、基本的にどれもプレゼンを行う授業は多い印象です。レポートも必ず何かしらの授業で書かされます。

授業や学生の質は日本と同じです。同じというのは授業によって良し悪しがあり、真面目な学生もいれば不真面目な学生もいるということです。それに合わせて例のごとく楽単といわれるものも存在します。どこに重点をおき、何を選択するかは全部自分次第ですが。タイ人の学生は学部・学年によってかなり授業が決められている印象を受けます。本当にどーでもいいい授業もとらなければならず、超モチベーションが低い授業もあり、かわいそうだなと感じることも。

インターン・ボランティアについて

上述の通り、僕も前期インターンを行っていました。他の日本人学生、日本人以外の留学生ももちろん、多くの人がインターンまたはボランティアを行っています。日系の海外スタートアップ企業から、NPO、NGO、または日本語家庭教師などのボランティアまで多岐に渡ります。なので、自分次第で積極的に動けば十分にいろんな経験が詰むことができる環境がタイには揃っていると言えます。

僕は留学前から大学の職員の方に色々と相談に乗ってもらい、福祉に関連する分野ならここだと、アジア太平洋障害者センターでのインターンを紹介していただきました。元々はJICAの支援があるなどタイと日本の政府間で立ち上げられた国際組織ということで、英文の履歴書などをせっせと書いて提出し、最終的にインターンを受け入れしていただいたという経緯です。

他にも日系ベンチャーなどでのインターンも豊富にあります。インターン仲介サイトを利用したり、現地で直接ベンチャーで働く日本人に話を伺いにいったりなど、インターンを探すアプローチは意外と沢山あります。ただ、業務内容や、待遇など、様々あるので要注意です。タイに留学にきている友人から、大学の傍に行っているインターンに対する文句を聞いたりもしました。大事なのは何をそこのインターンに求めるかだと思います。バリバリ営業をしたい、広報活動をしたい、ベンチャーの雰囲気を知りたい、英語で業務をしたい、などなど、あると思いますので。

生活費や食事事情について

基本的に生活は、かなり楽ちんです。ローカルでご飯食べれば安くて美味い。公共バスも安い。生活費に関しては、本気を出せば住居費込みで月4~5万円に収めることができます。しかし、なんやかんやで使ってしまいますので要注意!日本食もめちゃめちゃあって、しかもかなり美味しい。デブまっしぐらで困ります。。

その他、クラブなど

タマサート大学にも多くのクラブ活動があります。ですが、ほとんどがインターナショナルコースではないメインキャンパスでの活動となります。その為、クラブに参加する場合はわざわざ1時間弱かけてメインキャンパスに行く必要があります。

僕も一度ソフトボールクラブの練習に参加したことがありますが、サークルのノリで行ったものの、練習の最後にガチでベースランニングをさせられて翌日体はバキバキでした。それから髪の毛もじゃもじゃで見た目からしていかにも「ポップミュージックなんていけ好かねぇ」みたいな感じの不思議な日本人学生もタマサートの軽音楽部のオーディションに合格し入部していました(実は凄いやつだったりして)。ですが、後日、“毎日練習来いとかほざくから辞めてやった”としっかりと豪語していました。

おやすみ期間とか、休日の過ごし方

旅行万歳!近隣諸国へのアクセスはバッチリですし、タイ国内にも島や自然など、訪れる場所はたくさんあります!人によっては週末を利用して近隣諸国に行ってしまうレベルです。特に欧米系の留学生はお酒と旅行でせわしないイメージがあります。ほどほどに遊び、色々経験しましょう。

タイ語について

初めは「ムズスギわろりん」て感じです。低中高の子音と長短の母音の組み合わせでトーンが変わるなど、なかなか面倒くさいです。ですが、タイ語勉強してタイ人の学生や、行きつけのローカルおばちゃんとお話できるようになってくると、とても嬉しいです。大学でタイ語を勉強する授業もありますが、大学外で語学学校に行っている学生もいます。僕も後期から語学学校通い始めました。

3:タイ留学という選択肢について

最後に、タイへの留学を考えている人、逆に全く考えてない人に向けて一言。今回は、留学の中でもインターンや、語学留学、ボランティアなど、様々な体系がある中で、僕が行っている学部留学に沿って話します。

海外をテーマに研究したいなら現地で学ぶべき

タイでもしっかり勉強できます。それこそタイに特化したテーマで研究するのでしたら、なおさらしっかり学ぶことができるのではないでしょうか。教授との距離は日本に比べてかなり近いため、現地の教授から詳しい話も聞くことができます。そしてなにより現地の学生と授業を受けるため、現地の未来を担う若者がどういう考えを持って、どのように行動しているのかを感じることができると思います。僕も現在卒論執筆にあたりこちらの教授に意見をもらうなど、とてもお世話になっています。

タイ以外の地域ですが、僕の知り合いでは、学問はもちろんですが、それ以上に現地の人がどういう教育を受けて、どういう授業がなされていて、それに対して学生がどういう姿勢で取り組んでいるのかを知ることに関心を寄せて留学している人もいます。

現地の文化を肌で感じる

留学の目的を”学問に関するガチ勉強”にするつもりの人はやめといた方がいいかなというのが僕個人の考えです。

同じ時期に留学していたアメリカ人学生と仲のいいタイ人の女子学生と近所の日本料理屋さんに行きキリンで乾杯。

何かの学問を本気で突き詰めたいという人はやっぱりヨーロッパ圏、北米とかに行くべきなのかなと思います。そちらの現状が実際どうかはわかりませんが、最先端の研究が集まり、最新の論文や、有名な教授さん、そして世界中から集まる優秀な学生と触れる機会が多くあるのではと感じます。

それからタイに限った話かもしれませんが、アジア圏に留学に来る欧米系の学生は、どうしても勉強というよりは、隣国への旅行などの”遊び”に来ている学生が多いです。良い言い方をすれば、現地の文化を肌で感じたいという学生が多いです。そのため、定期的にある旅行や遊びの誘いに困惑するかと思います。

日本人に人気のタイ留学

実は、タイには日本人の学生めっちゃいます。僕が通っているタマサート大学の留学生の中では日本人が40〜50人くらいで一番多いです。不思議と僕のとってる授業では日本人の学生(というか他の国からの留学生も)とほぼ被っていないのですが。日本人が多いことの良し悪しはあると思うのですが、そこらへんの話はまた後日ということで。

現地の生活や実態を目の当たりにして途中で留学の目的が変わることや、逆に見失うこともあるかと思いますが、そういう時は是非カオサンロードかルーフトップパーティで暴れてみてはいかがでしょうか?では僕は2017年6月までタイにいるので、何か用がある時はご連絡ください。

【関連記事】
・フィリピンでボランティアするのにオススメな環境NGOとは
・ドイツサッカー留学、日本人大学生の挑戦!
・ミスコン候補者が見たウガンダの現実。
・アフリカの教育を変えるために、立ち上がった大学生!
・トビタテ!留学制度を利用し、世界へ飛びたったその理由とは

この記事を書いた人

Rakutaroooo
Rakutaroooo
東京都多摩市生まれ、中央大学多摩キャンパスに通う多摩っ子。バックパック旅行で海外20ヶ国弱訪問。タイのタマサート大学にて交換留学。タイ、ミャンマー、ボリビアの現地美容室経験あり。ボリビアでパーマした時は、パーマ液がくさすぎて多分少し禿げた。
LINEで送る
Pocket

微笑みの国タイに、留学中の大学生に実際どうなのかを聞いてみた。http://worlli.com/wp-content/uploads/2017/04/16976648_1330460647032627_1654399027_n-500x375.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2017/04/16976648_1330460647032627_1654399027_n-120x120.jpgRakutaroooo東南アジア海外生活海外留学こんにちは。名前は“楽しい”と書いて小松楽(こまつらく)と申します!2016年の8月から約10ヶ月間、大学の交換留学を利用してタイのタマサート大学に在籍しています。前期が終わり、約1ヶ月のお休みを挟んで、現在は後期に突入しているところです。今回は最近流行りの“留学”というワードから、東南アジアの“タイ”への留学に焦点を当てて書いていこうと思います! 内容は、 1:僕がタイに留学しようと思った理由 2:タイ留学って実際どんな感じなのか 3:タイ留学はおすすめなのかどうか 1:なぜタイに留学しようと思ったのか よくタイに交換留学できているというと、「授業をタイ語で受けているのか」と聞かれることがよくあります。そこでまず、「お前なんでタイに留学したの?」「タイ語勉強してんの?」「トムヤンクン毎日食ってんの?」という質問にお答えします。タイに留学しようと思った経緯は、まあ、色々あるのですが、大きく分けて三つあります。 ・安い ・飯がうまい ・近隣諸国に遊びに行ける しまった。つい本音が。 ちなみに、僕はこのカオマンガイを週2〜3のペースで朝ごはんとして食べてます。気を取り直して、留学の理由は以下の三つです。 ①東南アジアが好き、将来は東南アジアと関わりのある仕事に就きたい 幼い頃からタイへは家族旅行で行っており、なじみがあったのがまず言えます。父親がタイと関わりのある仕事をしており、また母親も昔タイに住んでいた経験があるという家族背景があります(二人はタイ語の学校で知り合ったらしい)。あとはバックパック背負って東南アジアを周遊した経験もあり、タイに関わらず東南アジア全般に個人的に関心がありました。そんなことで、将来は日本と東南アジアをつなぐ仕事に就きたいなと漠然と考えていました。 ②タイにおける社会保障制度を学びたい 学部の留学なので勉強するために来ています。東南アジアの中でも高齢化が進んでいるタイにおいて、今後どのような社会保障制度が必要になってくるのか、というのを勉強のテーマにしています。日本の大学では社会保障を学ぶゼミに所属しています。東南アジア以外にもバックパックで色々訪問し、他の旅行者と話したりしているうちに、各国のワークライフバランスに興味を持つようになり、社会保障を勉強しようかなと考えがまとまりました。 またいろんな国でいろんな人と触れることで、「なんでこいつ平気で仕事やめてプラプラ世界を周ってるんだろう?」、「あれ、君の国(デンマーク)では大学入学平均年齢21歳なの?」、「仕事してるのに、どうやってこんなに長期で休みとってんの?」みたいな具合に様々な疑問がわき上がりました。そんなキッカケを与えてくれた地域の制度についても知りたいなあなんて思いました。 ③インターンもしくはボランティアに挑戦したい タイではインターンのチャンスが容易にあります。日系企業も多く進出しており、日本と関係の強いタイにはインターンやボランティアのチャンスが多くあるので、学業以外にも学べるものは沢山あります。僕は、自分の関心のある福祉政策に関連していた経緯から、職業訓練などを主とした障害者のエンパワメントを促進する日本政府・タイ政府の共同で創設された王室財団で前期中はインターンをさせていただいていました。   とまあ、意外と普通な理由です。他にも細かいものがいくつかありますが、公には言えないこともあるので、割愛。 2:タイ留学って実際どうなの? それで、実際タイ留学てどうなのか、タマサート大学での前期を終えて僕が感じたことを簡単に書いていきたいと思います。ここではあくまで僕の経験を元に個人的見解のみで書いていきます。 タイ人の英語はどんな感じなのか、大学での英語に関して 僕は今タマサート大学のインターナショナルプログラムに通うタイ人の学生と一緒に授業を受けています。なので授業は全部英語です。そしてタイ人の学生の英語力はというと、正直ピンキリです。英語ネイティブという学生もいますし、バリバリ「ティングリッシュ」というタイ訛りの英語の学生もいます。 ですが、総じて英語での意思疎通はみんな余裕でできるレベルです。僕のタイ人の友人では、アメリカ育ちや、高校時代に海外留学した経験があって、スペイン語や北欧の言葉も扱える学生も結構います。中にはインターナショナルスクール通いでタイ語よりも英語が上手で、タイ語の読み書きに苦戦している友達も。。 そして授業は英語ですが、これまたタイ人の先生と他国籍の先生で変わってきます。先生の英語もしかりですが、授業内容などの評判などもタイ人の友達に相談しながら授業は選ぶようにしていました。 勉強について 僕がいま通っているタマサート大学では、教授もタイ人の先生に関わらず、世界中から来ています。僕が現在受けている授業の中でもデンマーク人の先生からASEANに関する社会保障について学ぶ授業があります。 日本と同じで取る授業によりけりですが、周りの学生を見ても、基本的にどれもプレゼンを行う授業は多い印象です。レポートも必ず何かしらの授業で書かされます。 授業や学生の質は日本と同じです。同じというのは授業によって良し悪しがあり、真面目な学生もいれば不真面目な学生もいるということです。それに合わせて例のごとく楽単といわれるものも存在します。どこに重点をおき、何を選択するかは全部自分次第ですが。タイ人の学生は学部・学年によってかなり授業が決められている印象を受けます。本当にどーでもいいい授業もとらなければならず、超モチベーションが低い授業もあり、かわいそうだなと感じることも。 インターン・ボランティアについて 上述の通り、僕も前期インターンを行っていました。他の日本人学生、日本人以外の留学生ももちろん、多くの人がインターンまたはボランティアを行っています。日系の海外スタートアップ企業から、NPO、NGO、または日本語家庭教師などのボランティアまで多岐に渡ります。なので、自分次第で積極的に動けば十分にいろんな経験が詰むことができる環境がタイには揃っていると言えます。 僕は留学前から大学の職員の方に色々と相談に乗ってもらい、福祉に関連する分野ならここだと、アジア太平洋障害者センターでのインターンを紹介していただきました。元々はJICAの支援があるなどタイと日本の政府間で立ち上げられた国際組織ということで、英文の履歴書などをせっせと書いて提出し、最終的にインターンを受け入れしていただいたという経緯です。 他にも日系ベンチャーなどでのインターンも豊富にあります。インターン仲介サイトを利用したり、現地で直接ベンチャーで働く日本人に話を伺いにいったりなど、インターンを探すアプローチは意外と沢山あります。ただ、業務内容や、待遇など、様々あるので要注意です。タイに留学にきている友人から、大学の傍に行っているインターンに対する文句を聞いたりもしました。大事なのは何をそこのインターンに求めるかだと思います。バリバリ営業をしたい、広報活動をしたい、ベンチャーの雰囲気を知りたい、英語で業務をしたい、などなど、あると思いますので。 生活費や食事事情について 基本的に生活は、かなり楽ちんです。ローカルでご飯食べれば安くて美味い。公共バスも安い。生活費に関しては、本気を出せば住居費込みで月4~5万円に収めることができます。しかし、なんやかんやで使ってしまいますので要注意!日本食もめちゃめちゃあって、しかもかなり美味しい。デブまっしぐらで困ります。。 その他、クラブなど タマサート大学にも多くのクラブ活動があります。ですが、ほとんどがインターナショナルコースではないメインキャンパスでの活動となります。その為、クラブに参加する場合はわざわざ1時間弱かけてメインキャンパスに行く必要があります。 僕も一度ソフトボールクラブの練習に参加したことがありますが、サークルのノリで行ったものの、練習の最後にガチでベースランニングをさせられて翌日体はバキバキでした。それから髪の毛もじゃもじゃで見た目からしていかにも「ポップミュージックなんていけ好かねぇ」みたいな感じの不思議な日本人学生もタマサートの軽音楽部のオーディションに合格し入部していました(実は凄いやつだったりして)。ですが、後日、“毎日練習来いとかほざくから辞めてやった”としっかりと豪語していました。 おやすみ期間とか、休日の過ごし方 旅行万歳!近隣諸国へのアクセスはバッチリですし、タイ国内にも島や自然など、訪れる場所はたくさんあります!人によっては週末を利用して近隣諸国に行ってしまうレベルです。特に欧米系の留学生はお酒と旅行でせわしないイメージがあります。ほどほどに遊び、色々経験しましょう。 タイ語について 初めは「ムズスギわろりん」て感じです。低中高の子音と長短の母音の組み合わせでトーンが変わるなど、なかなか面倒くさいです。ですが、タイ語勉強してタイ人の学生や、行きつけのローカルおばちゃんとお話できるようになってくると、とても嬉しいです。大学でタイ語を勉強する授業もありますが、大学外で語学学校に行っている学生もいます。僕も後期から語学学校通い始めました。 3:タイ留学という選択肢について 最後に、タイへの留学を考えている人、逆に全く考えてない人に向けて一言。今回は、留学の中でもインターンや、語学留学、ボランティアなど、様々な体系がある中で、僕が行っている学部留学に沿って話します。 海外をテーマに研究したいなら現地で学ぶべき タイでもしっかり勉強できます。それこそタイに特化したテーマで研究するのでしたら、なおさらしっかり学ぶことができるのではないでしょうか。教授との距離は日本に比べてかなり近いため、現地の教授から詳しい話も聞くことができます。そしてなにより現地の学生と授業を受けるため、現地の未来を担う若者がどういう考えを持って、どのように行動しているのかを感じることができると思います。僕も現在卒論執筆にあたりこちらの教授に意見をもらうなど、とてもお世話になっています。 タイ以外の地域ですが、僕の知り合いでは、学問はもちろんですが、それ以上に現地の人がどういう教育を受けて、どういう授業がなされていて、それに対して学生がどういう姿勢で取り組んでいるのかを知ることに関心を寄せて留学している人もいます。 現地の文化を肌で感じる 留学の目的を'学問に関するガチ勉強'にするつもりの人はやめといた方がいいかなというのが僕個人の考えです。 何かの学問を本気で突き詰めたいという人はやっぱりヨーロッパ圏、北米とかに行くべきなのかなと思います。そちらの現状が実際どうかはわかりませんが、最先端の研究が集まり、最新の論文や、有名な教授さん、そして世界中から集まる優秀な学生と触れる機会が多くあるのではと感じます。 それからタイに限った話かもしれませんが、アジア圏に留学に来る欧米系の学生は、どうしても勉強というよりは、隣国への旅行などの”遊び”に来ている学生が多いです。良い言い方をすれば、現地の文化を肌で感じたいという学生が多いです。そのため、定期的にある旅行や遊びの誘いに困惑するかと思います。 日本人に人気のタイ留学 実は、タイには日本人の学生めっちゃいます。僕が通っているタマサート大学の留学生の中では日本人が40〜50人くらいで一番多いです。不思議と僕のとってる授業では日本人の学生(というか他の国からの留学生も)とほぼ被っていないのですが。日本人が多いことの良し悪しはあると思うのですが、そこらへんの話はまた後日ということで。 現地の生活や実態を目の当たりにして途中で留学の目的が変わることや、逆に見失うこともあるかと思いますが、そういう時は是非カオサンロードかルーフトップパーティで暴れてみてはいかがでしょうか?では僕は2017年6月までタイにいるので、何か用がある時はご連絡ください。 【関連記事】 ・フィリピンでボランティアするのにオススメな環境NGOとは ・ドイツサッカー留学、日本人大学生の挑戦! ・ミスコン候補者が見たウガンダの現実。 ・アフリカの教育を変えるために、立ち上がった大学生! ・トビタテ!留学制度を利用し、世界へ飛びたったその理由とはJust another WordPress site