LINEで送る
Pocket

実りあるフィリピン留学体験を学生に提供していきたい

この想いを胸にフィリピン留学エージェントを立ち上げた一人の学生がいる。彼の名は加来涼太。一見するとまったく普通の都内の学生である。なぜフィリピンなのか、なぜ競争率の激しい留学エージェントに参入したのか、そしてどんな付加価値を取り入れ何をしたいのか。さまざまな疑問が想い浮かぶ。今回、本メディアはそれらの疑問を直接本人へ聞いてみた。

14997019_1773978446187411_904230725_n

加来涼太(かくりょうた)・・・都内大学3年生。横浜市出身。趣味は旅行、洋楽、海外ドラマ鑑賞。高校生の時に初めてフィリピンを経験し、2カ月間の留学後にTOEICスコア900点を取得。その経験を生かすために大学1年時からフィリピン留学サポートを行うと同時に、個人ブログ「kr-ryota.com」を運営する。大学2年時にマニラにあるデ・ラ・サール大学での交換留学を経て、留学エージェント「e-student」を創設。

驚くほど伸びたTOEICスコア!!

―現在は大学3年生ですが、昔からよく海外と関わることが多かったのですか?

人生で初めての海外が高校3年生の大学受験後に2カ月の短期で行ったフィリピン留学です。前々から英語を話せるようになりたいと思っていたので、近くて安いという理由だけでフィリピンを選びました。すべてマンツーマンの指導で丁寧に教えてもらい、たった2カ月でTOEICの点数が300点あがりました。そしてこれをきっかけにこの喜びを他の学生たちにも知って欲しい、その思いが強くなり帰国後に個人でブログをはじめましたね。

―その個人ブログとはどのような内容だったのでしょうか?

TOEICの点数をあげたい、またはフィリピン留学してみたいけど詳しい情報を知りたいといったニーズに応えるために、それらに関するアドバイスや有益な情報を発信していました。基本的には月に3,4記事のペースでアップしていき、さらにLINEアカウントを作って完全に無料相談という形で運営しておりました。なによりも多くの学生に語学習得のチャンスを広げて欲しい、本当にこの想いだけでした。(実際の加来さんのブログはこちら→http://kr-ryota.com/

セブ島の海でジンベエザメと泳ぐ加来さん。
セブ島の海でジンベエザメと泳ぐ加来さん。

―大学在籍中はまた留学することなどは検討しなかったのですか?

再びフィリピン留学に挑戦しました。期間は大学2年の秋から2セメスター分です。

―なぜ再びフィリピンに?

本音を言うと、英語ではなく今度は別の言語を学びたいと当時は思っていました。ですので大学の交換留学を利用しフランス留学に挑戦しようとしましたが選考に落ちてしまって。そんな時、偶然フィリピンの首都マニラにあるデ・ラ・サール大学への留学生派遣の追加募集を見つけ、なんとかその選考に合格しご縁があってか再びフィリピンへ行くことになりました。

学生のための留学プランを考える!

―いつから留学エージェントを立ち上げようと心に決めたのでしょうか?またその理由は?

留学開始後も継続して個人ブログの方は活動していました。そしてその中で僕が個人的にベストだろうと思われる留学エージェントを相談者の方々にオススメしていたのですが、正直オススメはするものの「自分だったらこの部分をこうすれば留学生がより充実するんじゃないか」と留学プログラムの中で不足している部分を意識していました。どのエージェントもビジネス要素が高く、プログラムの中に多様性がない、そういった点を自分が補えるようになりさらに高い付加価値を作り上げたい。次第にその思いが強くなり、留学開始1カ月後に現地の語学学校を1人で周りはじめました。

留学仲間との一枚。
留学仲間との一枚。

―立ち上げのための具体的な行動を教えてください。

インターネットなどで調べてアポイントメントを取り、あとは直接学校へお邪魔し責任者の方と書面での契約を結んでいました。だいたい半年で30校ほど周りましたね。右も左もわからずに行動したのですが、意外とどの学校も快く僕のことを受け入れてくれ、さまざまな人と出会い新しいことを開拓していくのは自分にとってかなり刺激的な毎日でした。今思うとたった一人でよくやっていたなと感じます(笑)。

―これまでに何人の留学生を現地に送り出したのですか?

去年の11月に、私自身がフィリピンに留学しつつ連絡を取り合っていた日本人の知り合い10人ほどをはじめて現地へ送り出しました。また今年の夏休みにも5~10人ほどを送り出し、帰国した学生たちからの反響は大きく、中にはTOEICを580点から830点に伸ばす結果を出した者もいました。これらの結果は、リゾート留学ならセブ、勉強しやすい環境を求めるならバギオ、フィリピンの大学に行く前にアカデミックなことを学びたいならマニラと、学生一人ひとりのニーズに合わせて現地学校を紹介できているからだと思います。

今年の夏に「e-student」の留学経験者メンバーとセブ島の語学学校を視察した時の一枚。
今年の夏に「e-student」の留学経験者メンバーとセブ島の語学学校を視察した時の一枚。

e-student 3つの強み!!

―フィリピン留学エージェント「e-student」の強みは何ですか?

1つ目は正確な情報と地域の特性をお届けできることです。多くの学生は残念ながらフィリピンのことをよく調べずに行くことが多いです。留学した後に、思い描いていた環境とのアンマッチを防ぐためにより詳しい学校情報や周辺環境を徹底して学生にお伝えするようにしています。

2つ目は留学前の英語学習の丁寧なサポートです。留学開始時につまずかないように、事前準備として生徒一人ひとりに合った参考書を選別し特定のレベルに達するように明確な目標を設定しクリアするようにサポートします。またこの事前学習サポートは現地の語学学校がスムーズに授業を開始できることに一役買っており、現地からのニーズに対応した結果でもあります。

3つ目は独自留学プログラムです。これはこれまで他のエージェントにはなかったものであり、生徒に本当に必要なものを取り入れたいと思い、現地の学校と一緒になって作り上げているプログラムです。現在は2つのプログラムがあり、1つはTOEIC留学プログラムです。これは学校選びに時間をかけたくないという生徒のためにe-studentえりすぐりの学校と事前学習サポートをあらかじめ用意しており、生徒はただ申し込むだけという、留学までの流れを非常にスマートにしたものです。またTOEICにもちろん特化したものであるため目的がはっきりしている方には最適なものになっています。

もう1つは休学プログラムです。これは休学生対象で、インターンをしながら語学留学もかなえるというより多くの体験ができるプログラムです。具体的には最初の4カ月は語学院にのみ通い語学力を高め、残りの時期は1日4時間だけのクラスを無料で受講し、残りの4時間は現地の学校でインターンとして働くというものです。アカデミックな英語、日常会話の英語、オフィスでの英語はそれぞれ特徴があり異なります。同じ留学期間でも、より有意義な時間を過ごしたい方にはうってつけの環境となっております。

―最後に一言お願いします。

私たちe-studentは今後さらに独自留学プログラムを増やしていき、学生だからこそできる留学プログラムをどんどん作り出していく予定です。留学エージェントの価格競争に学生を巻き込むことなく、チャンスを広げ夢をつかみ取ってほしい。私たちはその思いで今後も精進していきます!


 

【e-student紹介文】

「e-student」は学生に特化したフィリピン留学エージェントです。若者世代の「実りある留学」をテーマに成功する留学プランや独自プログラムを提供していきます!多くの「良いスチューデント」を輩出するために。

・e-studentホームページ

http://e-student-ph.com/

・TOEIC留学プログラム

http://e-student-ph.com/toeic-program-1082.html

・休学プログラム

http://e-student-ph.com/kyugaku-program-1217.html

【関連記事】
・TOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法
・イギリス英語をエマ・ワトソンのインタビューで勉強
・バングラデシュで苦悩し、譲れない価値観と決意に 辿り着いた京大生(1/3)
・外人から見た日本のすごいところ50Part1
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

この記事を書いた人

Aki Tajima
Aki Tajima
アジアの新興国・途上国、中米などを旅する学生バックパッカー。海外でのインフラ整備に興味があり、アメリカ留学を経験した後、大手総合電機メーカーに就職予定。
LINEで送る
Pocket

http://worlli.com/wp-content/uploads/2016/11/14963003_1773978419520747_1488851790_n-447x400.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/11/14963003_1773978419520747_1488851790_n-120x120.jpgAki Tajimaインタビューグローバル学生海外留学実りあるフィリピン留学体験を学生に提供していきたい この想いを胸にフィリピン留学エージェントを立ち上げた一人の学生がいる。彼の名は加来涼太。一見するとまったく普通の都内の学生である。なぜフィリピンなのか、なぜ競争率の激しい留学エージェントに参入したのか、そしてどんな付加価値を取り入れ何をしたいのか。さまざまな疑問が想い浮かぶ。今回、本メディアはそれらの疑問を直接本人へ聞いてみた。 加来涼太(かくりょうた)・・・都内大学3年生。横浜市出身。趣味は旅行、洋楽、海外ドラマ鑑賞。高校生の時に初めてフィリピンを経験し、2カ月間の留学後にTOEICスコア900点を取得。その経験を生かすために大学1年時からフィリピン留学サポートを行うと同時に、個人ブログ「kr-ryota.com」を運営する。大学2年時にマニラにあるデ・ラ・サール大学での交換留学を経て、留学エージェント「e-student」を創設。 驚くほど伸びたTOEICスコア!! ―現在は大学3年生ですが、昔からよく海外と関わることが多かったのですか? 人生で初めての海外が高校3年生の大学受験後に2カ月の短期で行ったフィリピン留学です。前々から英語を話せるようになりたいと思っていたので、近くて安いという理由だけでフィリピンを選びました。すべてマンツーマンの指導で丁寧に教えてもらい、たった2カ月でTOEICの点数が300点あがりました。そしてこれをきっかけにこの喜びを他の学生たちにも知って欲しい、その思いが強くなり帰国後に個人でブログをはじめましたね。 ―その個人ブログとはどのような内容だったのでしょうか? TOEICの点数をあげたい、またはフィリピン留学してみたいけど詳しい情報を知りたいといったニーズに応えるために、それらに関するアドバイスや有益な情報を発信していました。基本的には月に3,4記事のペースでアップしていき、さらにLINEアカウントを作って完全に無料相談という形で運営しておりました。なによりも多くの学生に語学習得のチャンスを広げて欲しい、本当にこの想いだけでした。(実際の加来さんのブログはこちら→http://kr-ryota.com/) ―大学在籍中はまた留学することなどは検討しなかったのですか? 再びフィリピン留学に挑戦しました。期間は大学2年の秋から2セメスター分です。 ―なぜ再びフィリピンに? 本音を言うと、英語ではなく今度は別の言語を学びたいと当時は思っていました。ですので大学の交換留学を利用しフランス留学に挑戦しようとしましたが選考に落ちてしまって。そんな時、偶然フィリピンの首都マニラにあるデ・ラ・サール大学への留学生派遣の追加募集を見つけ、なんとかその選考に合格しご縁があってか再びフィリピンへ行くことになりました。 学生のための留学プランを考える! ―いつから留学エージェントを立ち上げようと心に決めたのでしょうか?またその理由は? 留学開始後も継続して個人ブログの方は活動していました。そしてその中で僕が個人的にベストだろうと思われる留学エージェントを相談者の方々にオススメしていたのですが、正直オススメはするものの「自分だったらこの部分をこうすれば留学生がより充実するんじゃないか」と留学プログラムの中で不足している部分を意識していました。どのエージェントもビジネス要素が高く、プログラムの中に多様性がない、そういった点を自分が補えるようになりさらに高い付加価値を作り上げたい。次第にその思いが強くなり、留学開始1カ月後に現地の語学学校を1人で周りはじめました。 ―立ち上げのための具体的な行動を教えてください。 インターネットなどで調べてアポイントメントを取り、あとは直接学校へお邪魔し責任者の方と書面での契約を結んでいました。だいたい半年で30校ほど周りましたね。右も左もわからずに行動したのですが、意外とどの学校も快く僕のことを受け入れてくれ、さまざまな人と出会い新しいことを開拓していくのは自分にとってかなり刺激的な毎日でした。今思うとたった一人でよくやっていたなと感じます(笑)。 ―これまでに何人の留学生を現地に送り出したのですか? 去年の11月に、私自身がフィリピンに留学しつつ連絡を取り合っていた日本人の知り合い10人ほどをはじめて現地へ送り出しました。また今年の夏休みにも5~10人ほどを送り出し、帰国した学生たちからの反響は大きく、中にはTOEICを580点から830点に伸ばす結果を出した者もいました。これらの結果は、リゾート留学ならセブ、勉強しやすい環境を求めるならバギオ、フィリピンの大学に行く前にアカデミックなことを学びたいならマニラと、学生一人ひとりのニーズに合わせて現地学校を紹介できているからだと思います。 e-student 3つの強み!! ―フィリピン留学エージェント「e-student」の強みは何ですか? 1つ目は正確な情報と地域の特性をお届けできることです。多くの学生は残念ながらフィリピンのことをよく調べずに行くことが多いです。留学した後に、思い描いていた環境とのアンマッチを防ぐためにより詳しい学校情報や周辺環境を徹底して学生にお伝えするようにしています。 2つ目は留学前の英語学習の丁寧なサポートです。留学開始時につまずかないように、事前準備として生徒一人ひとりに合った参考書を選別し特定のレベルに達するように明確な目標を設定しクリアするようにサポートします。またこの事前学習サポートは現地の語学学校がスムーズに授業を開始できることに一役買っており、現地からのニーズに対応した結果でもあります。 3つ目は独自留学プログラムです。これはこれまで他のエージェントにはなかったものであり、生徒に本当に必要なものを取り入れたいと思い、現地の学校と一緒になって作り上げているプログラムです。現在は2つのプログラムがあり、1つはTOEIC留学プログラムです。これは学校選びに時間をかけたくないという生徒のためにe-studentえりすぐりの学校と事前学習サポートをあらかじめ用意しており、生徒はただ申し込むだけという、留学までの流れを非常にスマートにしたものです。またTOEICにもちろん特化したものであるため目的がはっきりしている方には最適なものになっています。 もう1つは休学プログラムです。これは休学生対象で、インターンをしながら語学留学もかなえるというより多くの体験ができるプログラムです。具体的には最初の4カ月は語学院にのみ通い語学力を高め、残りの時期は1日4時間だけのクラスを無料で受講し、残りの4時間は現地の学校でインターンとして働くというものです。アカデミックな英語、日常会話の英語、オフィスでの英語はそれぞれ特徴があり異なります。同じ留学期間でも、より有意義な時間を過ごしたい方にはうってつけの環境となっております。 ―最後に一言お願いします。 私たちe-studentは今後さらに独自留学プログラムを増やしていき、学生だからこそできる留学プログラムをどんどん作り出していく予定です。留学エージェントの価格競争に学生を巻き込むことなく、チャンスを広げ夢をつかみ取ってほしい。私たちはその思いで今後も精進していきます!   【e-student紹介文】 「e-student」は学生に特化したフィリピン留学エージェントです。若者世代の「実りある留学」をテーマに成功する留学プランや独自プログラムを提供していきます!多くの「良いスチューデント」を輩出するために。 ・e-studentホームページ http://e-student-ph.com/ ・TOEIC留学プログラム http://e-student-ph.com/toeic-program-1082.html ・休学プログラム http://e-student-ph.com/kyugaku-program-1217.html 【関連記事】 ・TOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法 ・イギリス英語をエマ・ワトソンのインタビューで勉強 ・バングラデシュで苦悩し、譲れない価値観と決意に 辿り着いた京大生(1/3) ・外人から見た日本のすごいところ50Part1 ・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20Just another WordPress site