LINEで送る
Pocket

「海外へ行きたい!」「国際的なキャリアを築くための手がかりがほしい」「外国へどうせ行くなら、本気で働きたい!」と、今この瞬間にも情熱を滾らせている人がいるかもしれない。

そんなアツい想いを持っている方に朗報だ。国外へ出る際に、留学、ワーキングホリデーなどと並ぶ大きな選択肢の一つとなる「海外インターン」を積極的に支援しているウェブサイトがある。今回は、そんな海外インターンに飛び込む人々を応援する「AJITORA(アジトラ)」を紹介する。

「海外インターン」希望者を支援する「AJITORA」

そもそも「AJITORA」はどのようなサイトかといえば、「グローバルに活躍したい人を応援するサイト」を謳っている。グローバル化が進み、英語学習の熱が高まったり海外留学やギャップイヤーが注目を集めるなど、国際的なキャリアパスへの関心が高まる時代に、押さえておきたいサイトだ。そう構える理由は下で述べよう。

海外インターンシップ、海外就職ならAJITORA(アジトラ)

AJITORAは、「海外で働いてみたい!」という人にとっては特に、いいきっかけになるかもしれない。同サイトは「海外インターン」や「海研修外プログラム」の情報を提供しており、海外で働けるチャンスについての多くの情報が詰め込まれているのだ。

一例を紹介しよう。「Singapore Startup Hack Program 4期」がそれだ。「急成長するシンガポールでの戦略インターンシッププログラム」と題して、現地のシェアリングエコノミーのスタートアップ企業である「ProperHands」でインターンシップに参加。自動車配車プラットフォームのウーバーでも注目されるシェアリングエコノミーだが、そうした最先端のベンチャーで働く機会は、掛け値なしで貴重だ。

ほかにも、AJITORAでは「海外インターン」経験者のコミュニティも運営しており、経験談を聞いたり、実際に海外インターンに参加するにはどうすればいいのかといった素朴な疑問をぶつけることも可能だ。

「タフな人材」になるチャンス

ちなみに、「AJITORA」という一見「?(はてな)」なウェブサイトの名前だが、その由来は何だろうか。

同サイトを運営するジョブウェブの佐藤孝治会長に訊いたところ「AJITORAという名前は、海外インターンを経験して『アジアの虎になれ』という意味を込めて名付けた」という。

グローバル化の進んだ時代に、アジアを中心とした地域で、インターン経験を積み、世界を舞台に活躍する。そんな未来像に向けて邁進していく一つのきっかけにもなってくれそうだ。シンガポールであれ、インドであれ、バングラディッシュであれ、もしも現地で十分に働いた経験を積めれば、自分の自信になることも間違いないだろう。

ただ、心配なのは、「どんな経験を積めるのか」「どんな実績を作り出せるのか」ということだろう。受け入れ先で納得できる仕事をできるのかどうか不安に覚える読者ももちろんいるかもしれない。

インターン先は入念に選定、有利な条件の提示交渉も

しかしそこは、事前にさまざまな情報を精査することができる。すでに説明した取り、AJITORA上で、海外インターンシップの内容が紹介されているし、インターン先の国や、インターンにいったあとの業務内容、参加の流れは応募前にサイトで確認できる。

それだけではなく、受け容れ先となる企業についてもサイトで、知ることができる。そのため、しっかりと具体的なイメージをもって、インターンに臨めるといった具合だ。

さらには、海外インターンの受け入れ先を探す際に、現地の企業の社長らと連絡を密に、インターンの内容も調整。それだけではなく、受け入れ先の企業によっては、海外航空券の補助を出してもらえるよう交渉したりと、下準備には余念がない。海外インターンを目指すのであれば、その中から、最も自分にフィットしたものを選べぶだけでいいという寸法だ。

スペースの関係上、AJITORAの概要の説明に本稿は留めるが、回を改めて、ジョブウェブ会長の佐藤氏と、実際に海外インターンに参加者のエピソードを紹介する予定だ。こちらも乞うご期待だ。

【関連記事】
・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは
・ネパールとラオスの未来を創り続ける石原ゆり奈さんの原点とは
・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法
・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート②
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

この記事を書いた人

Jiro Miyazaki
Jiro Miyazaki
家電業界紙やITニュースサイトなどを中心に、経済・産業分野で、10年以上の経験を持つ編集ライター。大学で環境科学を学んだ後、英国で学んだ政治経済学の知識なども基に、広い分野で執筆活動を展開している。
LINEで送る
Pocket

海外インターン希望者必見!「AJITORA」で情報収集してみれば?http://worlli.com/wp-content/uploads/2016/04/aa39ace6bd55d8a1c3a15eda34d867de-1024x535.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/04/aa39ace6bd55d8a1c3a15eda34d867de-150x150.jpgJiro Miyazaki未分類海外にインターン留学事前学習「海外へ行きたい!」「国際的なキャリアを築くための手がかりがほしい」「外国へどうせ行くなら、本気で働きたい!」と、今この瞬間にも情熱を滾らせている人がいるかもしれない。 そんなアツい想いを持っている方に朗報だ。国外へ出る際に、留学、ワーキングホリデーなどと並ぶ大きな選択肢の一つとなる「海外インターン」を積極的に支援しているウェブサイトがある。今回は、そんな海外インターンに飛び込む人々を応援する「AJITORA(アジトラ)」を紹介する。 「海外インターン」希望者を支援する「AJITORA」 そもそも「AJITORA」はどのようなサイトかといえば、「グローバルに活躍したい人を応援するサイト」を謳っている。グローバル化が進み、英語学習の熱が高まったり海外留学やギャップイヤーが注目を集めるなど、国際的なキャリアパスへの関心が高まる時代に、押さえておきたいサイトだ。そう構える理由は下で述べよう。 AJITORAは、「海外で働いてみたい!」という人にとっては特に、いいきっかけになるかもしれない。同サイトは「海外インターン」や「海研修外プログラム」の情報を提供しており、海外で働けるチャンスについての多くの情報が詰め込まれているのだ。 一例を紹介しよう。「Singapore Startup Hack Program 4期」がそれだ。「急成長するシンガポールでの戦略インターンシッププログラム」と題して、現地のシェアリングエコノミーのスタートアップ企業である「ProperHands」でインターンシップに参加。自動車配車プラットフォームのウーバーでも注目されるシェアリングエコノミーだが、そうした最先端のベンチャーで働く機会は、掛け値なしで貴重だ。 ほかにも、AJITORAでは「海外インターン」経験者のコミュニティも運営しており、経験談を聞いたり、実際に海外インターンに参加するにはどうすればいいのかといった素朴な疑問をぶつけることも可能だ。 「タフな人材」になるチャンス ちなみに、「AJITORA」という一見「?(はてな)」なウェブサイトの名前だが、その由来は何だろうか。 同サイトを運営するジョブウェブの佐藤孝治会長に訊いたところ「AJITORAという名前は、海外インターンを経験して『アジアの虎になれ』という意味を込めて名付けた」という。 グローバル化の進んだ時代に、アジアを中心とした地域で、インターン経験を積み、世界を舞台に活躍する。そんな未来像に向けて邁進していく一つのきっかけにもなってくれそうだ。シンガポールであれ、インドであれ、バングラディッシュであれ、もしも現地で十分に働いた経験を積めれば、自分の自信になることも間違いないだろう。 ただ、心配なのは、「どんな経験を積めるのか」「どんな実績を作り出せるのか」ということだろう。受け入れ先で納得できる仕事をできるのかどうか不安に覚える読者ももちろんいるかもしれない。 インターン先は入念に選定、有利な条件の提示交渉も しかしそこは、事前にさまざまな情報を精査することができる。すでに説明した取り、AJITORA上で、海外インターンシップの内容が紹介されているし、インターン先の国や、インターンにいったあとの業務内容、参加の流れは応募前にサイトで確認できる。 それだけではなく、受け容れ先となる企業についてもサイトで、知ることができる。そのため、しっかりと具体的なイメージをもって、インターンに臨めるといった具合だ。 さらには、海外インターンの受け入れ先を探す際に、現地の企業の社長らと連絡を密に、インターンの内容も調整。それだけではなく、受け入れ先の企業によっては、海外航空券の補助を出してもらえるよう交渉したりと、下準備には余念がない。海外インターンを目指すのであれば、その中から、最も自分にフィットしたものを選べぶだけでいいという寸法だ。 スペースの関係上、AJITORAの概要の説明に本稿は留めるが、回を改めて、ジョブウェブ会長の佐藤氏と、実際に海外インターンに参加者のエピソードを紹介する予定だ。こちらも乞うご期待だ。 【関連記事】 ・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは ・ネパールとラオスの未来を創り続ける石原ゆり奈さんの原点とは ・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法 ・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート② ・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20Just another WordPress site