LINEで送る
Pocket

英語学習をいざやろうと思っても、どのような計画を立てて勉強を始めたらいいのか迷ったりしたことってありませんか?

yuki150321550i9a4447_tp_v

今回は、英語の学習方法がとても体系的にまとめてある有名な著書をご紹介しようと思います。特に、ある程度基礎力のある大学生以上の方々がもう一度、英語学習を始める前にこれを読んでおくとスムーズに学習計画を立てられます。私自身もフィリピン留学に行く半年程前から、こちらの著書のカリキュラムを実践していたおかげで英語の基礎力を飛躍的に伸ばす事ができました。

今回ご紹介する書籍の名前は英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法です。

『英語上達完全マップ』ってどんな内容の本なの?


英語学習をされたことのある方であれば一度は耳にされたことがあると思います。
それくらい、多くの英語学習者が参考にしている書籍です。こちらの書籍では、徹底的に英語の基礎力を反復練習により自分に刷り込ませていきます。高校位まで英語を普通に勉強されていた方であれば、そんなに難しい勉強方法ではないと感じるはずです。

なので、英語を簡単に学びたいと考えている方にはあまりお勧めできないのかもしれません。やはり一つの事を初心者がマスターするまで、最短でも1000時間は必要だと言われていますがこれは、英語学習においても必ず当てはまります。

具体的に『英語上達完全マップ』で紹介している英語のトレーニング方法としては、

『短文暗唱=瞬間英作文』
『音読パッケージ』
『精読』
『多読(速読)』
『ボキャブル』
『リスニング』
『会話』

です。この、並び方も重要なポイントで上から基礎の勉強方法になります。

 『英語上達完全マップ』を活用した初心者向け学習方法

この書籍の中で、一番最初の基礎固めとして行うのが『短文暗唱=瞬間英作文』と『音読パッケージ』となります。英語を独学されているほとんどの方がされている、『単語』や『リスニング』勉強は意外にも後回しにされます。簡単に、それぞれの勉強方法を説明します。

音読パッケージ

トレーニング名がしめすように、軸になるのは音読です。ノーマルの音読にディクテーションやシャドーイングなどを混ぜながら、最大の効果を生み出す楽手方法です。

短文暗唱=瞬間英作文

音読パッケージと共に、英語の基礎固めの為のトレーニングです。短文暗唱=瞬間英作文は、簡単な英文を瞬間的に言えるように脳内に瞬間英作文回路を作っていく事です。このトレーニングをする事によって得られる一番の効果は、英語がすらすら出てくるようになる事です。

こちらは、概念だけでなくトレーニングもきちんとした練習方法があるので興味のある方はしっかり『英語上達完全マップ』を読んでみる事をお勧めいたします。どうしても、著書を読む前にさくっと見てみたい方は、要約版がウェブサイトにありましたのでこちらを参考にされてもいいかと思います。

『英語上達完全マップ』

『英語上達完全マップ』を読む前にやるべき事

目標を設定する

英語学習に関する著書は山のようにあり、どれが自分に適しているのか分からなくなる方がたくさんいらっしゃるのではと思います。私もその一人でした。そんな方は、まず自分が『英語を学んで何をしたいのか』、『英語をどの程度のレベルまで引き上げたいのか』など英語を学びたい自分の思いをはっきりさせていくと、自分の勉強しなくてはいけない事がはっきりしてきます。

私の場合「外国人と英語で会話が出来るようになる事」がフィリピン留学でのゴールでした。その場合のお勧めのトレーニング法は『音読パッケージ』『瞬間英作文』です。この二つをやっていれば、基礎文法もカバーできますし、音読をすることでリスニングも強化できます。

可能であれば目標設定に関しては、数値化できるモノがベストです。「話せるようになる」という目標だと目標が達成できたのかがあいまいになりやすくなります。それよりも、「TOEICスコア700点以上を取る」の方が目標を達成で北のかがはっきりと区別できます。

期間を決める

目標を定める時に、もう一つ重要な事は期間を決める事です。いつまでに、達成するのかによって日々のアクションが変わってきます。たとえば「トイックスコア700点以上を取る」よりも 「2ヶ月以内に、トイックスコアを700点取る」の方がどんなアクションをしないのかが更に、明確になるはずです。

 

最後に

若い方々はこれから特に、世の中の高まる英語ニーズに対応していくために、英語学習は必須になってくるはずです。その時に、いかに効率的に効果のある学習方法を作り上げていく作業は何よりも大切となります。一度は諦めてしまった方、これから英語をマスターしたい方は、ぜひ『英語上達完全マップ』を活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは
・外人から見た日本のすごいところ50Part1
・他には無いスイス留学4つの魅力とは
・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート②
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

LINEで送る
Pocket

全て英語学習者が読むべき”英語上達完全マップ”とはhttp://worlli.com/wp-content/uploads/2015/04/YUKI150321550I9A4447_TP_V-500x333.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2015/04/YUKI150321550I9A4447_TP_V-120x120.jpgworlli編集部TOEIC留学事前学習英語学習英語学習をいざやろうと思っても、どのような計画を立てて勉強を始めたらいいのか迷ったりしたことってありませんか? 今回は、英語の学習方法がとても体系的にまとめてある有名な著書をご紹介しようと思います。特に、ある程度基礎力のある大学生以上の方々がもう一度、英語学習を始める前にこれを読んでおくとスムーズに学習計画を立てられます。私自身もフィリピン留学に行く半年程前から、こちらの著書のカリキュラムを実践していたおかげで英語の基礎力を飛躍的に伸ばす事ができました。 今回ご紹介する書籍の名前は英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法です。 『英語上達完全マップ』ってどんな内容の本なの? 英語学習をされたことのある方であれば一度は耳にされたことがあると思います。それくらい、多くの英語学習者が参考にしている書籍です。こちらの書籍では、徹底的に英語の基礎力を反復練習により自分に刷り込ませていきます。高校位まで英語を普通に勉強されていた方であれば、そんなに難しい勉強方法ではないと感じるはずです。 なので、英語を簡単に学びたいと考えている方にはあまりお勧めできないのかもしれません。やはり一つの事を初心者がマスターするまで、最短でも1000時間は必要だと言われていますがこれは、英語学習においても必ず当てはまります。 具体的に『英語上達完全マップ』で紹介している英語のトレーニング方法としては、 『短文暗唱=瞬間英作文』 『音読パッケージ』 『精読』 『多読(速読)』 『ボキャブル』 『リスニング』 『会話』 です。この、並び方も重要なポイントで上から基礎の勉強方法になります。  『英語上達完全マップ』を活用した初心者向け学習方法 この書籍の中で、一番最初の基礎固めとして行うのが『短文暗唱=瞬間英作文』と『音読パッケージ』となります。英語を独学されているほとんどの方がされている、『単語』や『リスニング』勉強は意外にも後回しにされます。簡単に、それぞれの勉強方法を説明します。 音読パッケージ トレーニング名がしめすように、軸になるのは音読です。ノーマルの音読にディクテーションやシャドーイングなどを混ぜながら、最大の効果を生み出す楽手方法です。 短文暗唱=瞬間英作文 音読パッケージと共に、英語の基礎固めの為のトレーニングです。短文暗唱=瞬間英作文は、簡単な英文を瞬間的に言えるように脳内に瞬間英作文回路を作っていく事です。このトレーニングをする事によって得られる一番の効果は、英語がすらすら出てくるようになる事です。 こちらは、概念だけでなくトレーニングもきちんとした練習方法があるので興味のある方はしっかり『英語上達完全マップ』を読んでみる事をお勧めいたします。どうしても、著書を読む前にさくっと見てみたい方は、要約版がウェブサイトにありましたのでこちらを参考にされてもいいかと思います。 ・『英語上達完全マップ』 『英語上達完全マップ』を読む前にやるべき事 目標を設定する 英語学習に関する著書は山のようにあり、どれが自分に適しているのか分からなくなる方がたくさんいらっしゃるのではと思います。私もその一人でした。そんな方は、まず自分が『英語を学んで何をしたいのか』、『英語をどの程度のレベルまで引き上げたいのか』など英語を学びたい自分の思いをはっきりさせていくと、自分の勉強しなくてはいけない事がはっきりしてきます。 私の場合「外国人と英語で会話が出来るようになる事」がフィリピン留学でのゴールでした。その場合のお勧めのトレーニング法は『音読パッケージ』『瞬間英作文』です。この二つをやっていれば、基礎文法もカバーできますし、音読をすることでリスニングも強化できます。 可能であれば目標設定に関しては、数値化できるモノがベストです。「話せるようになる」という目標だと目標が達成できたのかがあいまいになりやすくなります。それよりも、「TOEICスコア700点以上を取る」の方が目標を達成で北のかがはっきりと区別できます。 期間を決める 目標を定める時に、もう一つ重要な事は期間を決める事です。いつまでに、達成するのかによって日々のアクションが変わってきます。たとえば「トイックスコア700点以上を取る」よりも 「2ヶ月以内に、トイックスコアを700点取る」の方がどんなアクションをしないのかが更に、明確になるはずです。   最後に 若い方々はこれから特に、世の中の高まる英語ニーズに対応していくために、英語学習は必須になってくるはずです。その時に、いかに効率的に効果のある学習方法を作り上げていく作業は何よりも大切となります。一度は諦めてしまった方、これから英語をマスターしたい方は、ぜひ『英語上達完全マップ』を活用してみてはいかがでしょうか。 【関連記事】 ・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは ・外人から見た日本のすごいところ50Part1 ・他には無いスイス留学4つの魅力とは ・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート② ・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20Just another WordPress site