LINEで送る
Pocket

持っていきたい物は沢山あるけれど、スーツケースに入る物なんて限られているから、何を持ってっていいのか分からない!!という状態に陥ることがあると思います。そこで、私が日本から持ってきて良かったと思うもの、逆に、持って来れば良かったと思うものを紹介していきたいと思います。

 

電子辞書

名称未設定

 

語学学校時代のGrammarの課題と教科書

語学学校時代に重宝しました。なぜって、語学学校の先生はほぼ全員アメリカ人!!従って、授業は全て英語。そう、文法の解説でさえも。初めの頃は、「何言ってるのか分かるか!!」と半ばヤケクソになっていました。だから、分からない単語があったら、授業中でもとにかく単語の意味を調べて調べて… 調べものをする時にものすごく役立つのがこの電子辞書なのです。携帯を使っても同じじゃないかと思うかもしれませんが、先生によっては授業中に携帯を弄ることは厳禁だったりします。これは忘れたら痛いです。真っ先にスーツケースの中に入れましょう。

 

 

 

飛行機の中を快適にするグッズと「トイレに行きたいです」の一言

 

私はアメリカ留学が初めての国際線だったのですが、思った以上に国際線は辛いです。首に巻くタイプの枕は必須だなと思いました。あと、私だけかもしれないのですが、気付いたら足がパンパンで、びっくりしたのでむくみ対策グッズはあった方がいいかもしれないです。靴に足が入らないなんて自体になりかねませんので。

そして、「トイレに行きたいです」は英語で、「I would like to go to bathroom.」そこに、「邪魔してごめんなさい」「I am sorry to bother you」を付け加えるとなお良いです。私は飛行機の窓側で、隣がアメリカ人らしき外国人のおじさんが通路側に座っていたので、これを伝えるだけの語学力があって心の底から救われたと思いました。

 

カーディガンやパーカーなど羽織れるもの

私は飛行機の乗り換えの関係上、シカゴに一泊してから、語学学校のあるメンフィス空港まで行きました。運悪く、私が一泊した日はシカゴに大寒波が襲ってきていて、最低気温7度、最高気温15度ほどだったと記憶しております。寒くて仕方がなかったです。こんなこともあろうかと、私は着脱可能なパーカーを2枚リュックの中に詰めていたので、なんとか大寒波を乗り越えることができました。時差で弱ってしまう体を労わる為にも、着脱可能な衣類は忘れないようにしましょう。

シカゴ空港

 

シカゴ空港

耳かき、爪切り、ヘアピン

細々としたものですが、これら全て、アメリカのものではなんか物足りない!!!と思った些細なものです。耳かきは、アメリカにも綿棒があるので、それで差し支えない方は良いのですが、耳かきの刺激が好きな方は持っていくことをお勧めいたします。

爪切り、ひたすらに切りづらいです。苦労します。ヘアピンはとめる力が弱いです。すぐに落ちてきます。非常に心許ないです。これら、忘れてしまったら成田国際空港でも購入できますので「忘れてしまった!!」というときの為に覚えておくと便利かもしれません。

 

想像以上に図々しい心

最も必要なものです。想像以上に図々しく行かないと、アメリカ人のやることリストの格付けの中ですぐに下位になってしまいます。例えばメール。一通出して3日以内に返事がなかったら、3通ほど催促のメールが必要な場合もあります。ファストフード店の店員の態度の悪さに圧倒されるかもしれません。

何を言っているのか分からないとバカにされるかもしれません。「こちとら、あんた達の言語を、文化を理解しようって努力してやってるんだから、笑うとはなにごとか」と腹を立てるくらいの心構えでいきましょう。

 

1ヶ月以上の滞在の場合、アメリカで買えるものは多いのですが、これらのものは日本でしか買えなかったり、日本から持っていかなかったら意味がなかったりするものです。また、アメリカ到着後すぐに買い物に行けるとは限りません。安心して留学へ行くことができるように準備しましょう!!

パスポート

【関連記事】
・TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」
・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法
・社会人なら押さえておきたい英語上達完全マップ
・音読パッケージトレーニングを使った独自英語学習とその成果
・テッド無料でディクテーションができるアプリ『TEDICT』

この記事を書いた人

Lena
Lena
アメリカ テネシー州の語学学校に3ヶ月通った後、ニュージャージー州の大学へ留学中。専攻はCommunication。
LINEで送る
Pocket

http://worlli.com/wp-content/uploads/2015/10/7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e.pnghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2015/10/7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-150x150.pngLenaアメリカ海外生活海外留学持っていきたい物は沢山あるけれど、スーツケースに入る物なんて限られているから、何を持ってっていいのか分からない!!という状態に陥ることがあると思います。そこで、私が日本から持ってきて良かったと思うもの、逆に、持って来れば良かったと思うものを紹介していきたいと思います。   電子辞書   語学学校時代のGrammarの課題と教科書 語学学校時代に重宝しました。なぜって、語学学校の先生はほぼ全員アメリカ人!!従って、授業は全て英語。そう、文法の解説でさえも。初めの頃は、「何言ってるのか分かるか!!」と半ばヤケクソになっていました。だから、分からない単語があったら、授業中でもとにかく単語の意味を調べて調べて… 調べものをする時にものすごく役立つのがこの電子辞書なのです。携帯を使っても同じじゃないかと思うかもしれませんが、先生によっては授業中に携帯を弄ることは厳禁だったりします。これは忘れたら痛いです。真っ先にスーツケースの中に入れましょう。       飛行機の中を快適にするグッズと「トイレに行きたいです」の一言   私はアメリカ留学が初めての国際線だったのですが、思った以上に国際線は辛いです。首に巻くタイプの枕は必須だなと思いました。あと、私だけかもしれないのですが、気付いたら足がパンパンで、びっくりしたのでむくみ対策グッズはあった方がいいかもしれないです。靴に足が入らないなんて自体になりかねませんので。 そして、「トイレに行きたいです」は英語で、「I would like to go to bathroom.」そこに、「邪魔してごめんなさい」「I am sorry to bother you」を付け加えるとなお良いです。私は飛行機の窓側で、隣がアメリカ人らしき外国人のおじさんが通路側に座っていたので、これを伝えるだけの語学力があって心の底から救われたと思いました。   カーディガンやパーカーなど羽織れるもの 私は飛行機の乗り換えの関係上、シカゴに一泊してから、語学学校のあるメンフィス空港まで行きました。運悪く、私が一泊した日はシカゴに大寒波が襲ってきていて、最低気温7度、最高気温15度ほどだったと記憶しております。寒くて仕方がなかったです。こんなこともあろうかと、私は着脱可能なパーカーを2枚リュックの中に詰めていたので、なんとか大寒波を乗り越えることができました。時差で弱ってしまう体を労わる為にも、着脱可能な衣類は忘れないようにしましょう。   シカゴ空港 耳かき、爪切り、ヘアピン 細々としたものですが、これら全て、アメリカのものではなんか物足りない!!!と思った些細なものです。耳かきは、アメリカにも綿棒があるので、それで差し支えない方は良いのですが、耳かきの刺激が好きな方は持っていくことをお勧めいたします。 爪切り、ひたすらに切りづらいです。苦労します。ヘアピンはとめる力が弱いです。すぐに落ちてきます。非常に心許ないです。これら、忘れてしまったら成田国際空港でも購入できますので「忘れてしまった!!」というときの為に覚えておくと便利かもしれません。   想像以上に図々しい心 最も必要なものです。想像以上に図々しく行かないと、アメリカ人のやることリストの格付けの中ですぐに下位になってしまいます。例えばメール。一通出して3日以内に返事がなかったら、3通ほど催促のメールが必要な場合もあります。ファストフード店の店員の態度の悪さに圧倒されるかもしれません。 何を言っているのか分からないとバカにされるかもしれません。「こちとら、あんた達の言語を、文化を理解しようって努力してやってるんだから、笑うとはなにごとか」と腹を立てるくらいの心構えでいきましょう。   1ヶ月以上の滞在の場合、アメリカで買えるものは多いのですが、これらのものは日本でしか買えなかったり、日本から持っていかなかったら意味がなかったりするものです。また、アメリカ到着後すぐに買い物に行けるとは限りません。安心して留学へ行くことができるように準備しましょう!! 【関連記事】 ・TOEIC800点攻略法 戦略①「過去問・模試試験を本番さながらに解く」 ・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法 ・社会人なら押さえておきたい英語上達完全マップ ・音読パッケージトレーニングを使った独自英語学習とその成果 ・テッド無料でディクテーションができるアプリ『TEDICT』Just another WordPress site