LINEで送る
Pocket

皆さん、せっかく安くないお金を支払ってフィリピン留学をするのであれば、必ず成功させ英語を上達させたいと思いませんか?しかし、フィリピン留学をされる方々の中には、楽しかったけど思ったより英語力は伸びなかったと言われる方も実際にいらっしゃいます。

今回は、フィリピン留学を失敗させないポイントを3ヶ月のフィリピン留学を通じてトイックスコアを500点代から800点代まで上げられた金井さんが話してくださいました。更に、トイックのスコアップの為に金井さんが行っていた学習方法やフィリピン留学全般のメリットデメリットまでお話していただきました。

ベシ_7727

フィリピン人とよく間違われてしまう金井さん

フィリピン留学を失敗させないための4つのポイントは?

実際にフィリピン留学に行ってみて数多くの失敗パターンを目の当たりにしてきました。それを踏まえたうえでフィリピン留学を失敗させないためのポイントを箇条書きで挙げていこうと思います。

①日本にいる間に基礎は完成させておく

これが一番大事です。せめて中学卒業レベルまでの基礎は完成しておかないと、フィリピンで英語で文法を勉強することになり効率が悪すぎます。また、その状態でどれだけ英語を話してもなんとなく単語をつないだだけのジャパニーズイングリッシュから抜け出すことができないです。単語、文法、瞬間英作文をしっかりやったうえでフィリピンではアウトプットだけに集中するのがベストな過ごし方だと思います。

②語学学校で恋人を作らない!

語学学校は、『ここは合コンか?』と思うくらいたくさんのカップルが生まれます(笑)お互いにモチベーションを保って切磋琢磨するのならいいのですが、そのようなケースはまれで、ほとんどのカップルが授業に出なくなったり、規則を破って退学させられたり、滞在期間を縮めたりとせっかくの貴重な留学を台無しにしてしまっているケースが多かったです。

③平日は外出しない

平日は授業の予習、復習、自分の勉強に集中すべきです。外国人の生徒と外に飲みに行けばスピーキングの練習になるのでは?と甘い期待をしがちですが、まだまだ英語レベルの高くない人同士でいくら英語で話したところで変な発音、単語を並べただけの英語に慣れてしまいスピーキングの向上につながりにくいと思います。

先生方とご飯に行ったり英語の上手な生徒と話したりするのはとても有効なスピーキング練習になります。

④何かしらの資格、テストに挑戦してみる

1カ月だけの短期留学なら話は別ですが、3カ月以上の留学となるとモチベーションの維持が本当に難しいです。というのも慣れてくるとただのルーティンワークになり何を目標に勉強していけばいいのか分からなくなります。

そこで、TOEICやTOEFL、IELTSといった何かしらの試験に挑戦してみることで自分の成長を数字で確認することができ、日々のモチベーション維持に多いに役立つのではないかなと思いました。

やはり留学を成功させるのは、本人のモチベーションにかかっていると思います。何を持って成功と言えるのか、ゴール地点を明確にすることが大切だと思いました。

トイックスコアップをするために具体的にやっていたこと

私は始めの5週間はスピーキング重視のintensiveESLコース、その後はマンネリ化を防ぐためにTOEICコースで7週間勉強しました。TOEICのスコアをアップするためのポイントは何よりも『問題に慣れる』ことだと思います。

TOEICはセンター試験や英検と違ってビジネス寄りなので単語やシチュエーションが独特です。逆に言えば何度も問題をこなしていると同じような展開にしばしば遭遇します。受ければ受けるほど自然にスコアも上がっていくテストであると言えます。

TOEICコースでは週に2回、月水曜日にマックテストというものがあり、ナイトクラスの時間に本番形式で模擬テストが行われます。そこで毎週自分の実力をチェックしながら問題に慣れるための訓練をします。特にTOEIC用の単語を覚えたりテクニックを勉強したりすることはなく、ひたすらたくさん問題を解いていきながら総合的に英語力をつけていくことができました。

リスニング対策としては、先生に勧められて毎日ひたすらシャドーイングという練習をやりました。シャドーイングというのは聞こえてきた音声に続いて自分で発音していくトレーニングです。この練習を行った結果リスニングはもちろんですが、スピーキングの強化にもつながりました。英語の抑揚や発音を無意識に出来るようになり、日本人特有の『単調な英語』を抜け出すことができました。

まとめますと、TOEICで700点や800点を越えるレベルでいいのであれば、たくさん問題を解き、シャドーイングを徹底すれば十分なのではないかなと思います。900点を目指すとなるとTOEIC特有の単語を詰め込んだり、もう少しテクニックを学んでいく必要があります。

ベシ_2470

バギオのナイトマーケットの様子

フィリピン留学のメリットとデメリット

メリットは英語だけを勉強する環境に身を置けることだと思います。日本にいるとどうしても学校やバイト、友達との人間関係といった別のことに意識を向けざるをえませんが、フィリピンだと100%英語だけに集中することができます。

また、フィリピン留学特有の徹底したマンツーマン授業により英語を嫌でもアウトプットしなければならないので、かなり鍛えてもらえると思います。環境、費用と基礎スピーキングの徹底がフィリピン留学の大きなメリットなのではないかと思います。

デメリットは、来てみて分かったことなのですが、実感としてフィリピン留学だけで英語をペラペラ話すようになるのは難しいのかなと思いました。もちろん学校や本人のモチベーションによりけりだとは思いますが、大きな理由として、基本的に授業以外で英語が聞こえてきません(笑)

学校では韓国語、中国語、日本語が飛び交っています。先生方も授業以外では現地のタガログ語で話しているので学習者本人に相当な意思がない限り英語に浸る環境には身を置けないのかなと思いました。

ベシ_5228

12週間の留学を終え、最後のイベント卒業式の様子

フィリピン留学まとめ

総じてフィリピン留学は英語学習の入り口としては本当に素晴らしい環境だと思います!

英語で話す壁を壊すには十分だと思いますが、フィリピン留学だけで英語ペラペラになるぞ!という高い期待は禁物かなと思います。あくまでも、フィリピン留学を第一ステップとして、次にネイティヴ圏の留学にチャレンジしてみたり、その後の英語学習のモチベーションアップにつなげるというのが賢い使い方なのかなと思います。

【関連記事】
・就活成功者がアメリカ留学時代に行っていた事
・仕事をしながら3週間で、TOEIC800点を取った時の話
・アメリカ留学の費用が最大600万安くなる!
・外人から見た日本のすごいところ50Part1
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

LINEで送る
Pocket

バギオ留学を失敗させない4つのポイントhttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/09/169d84e3f346e28cdc949e99213e778d-500x383.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/09/169d84e3f346e28cdc949e99213e778d-120x120.jpgworlli編集部学生東南アジア海外生活海外留学バギオ留学皆さん、せっかく安くないお金を支払ってフィリピン留学をするのであれば、必ず成功させ英語を上達させたいと思いませんか?しかし、フィリピン留学をされる方々の中には、楽しかったけど思ったより英語力は伸びなかったと言われる方も実際にいらっしゃいます。 今回は、フィリピン留学を失敗させないポイントを3ヶ月のフィリピン留学を通じてトイックスコアを500点代から800点代まで上げられた金井さんが話してくださいました。更に、トイックのスコアップの為に金井さんが行っていた学習方法やフィリピン留学全般のメリットデメリットまでお話していただきました。 フィリピン人とよく間違われてしまう金井さん フィリピン留学を失敗させないための4つのポイントは? 実際にフィリピン留学に行ってみて数多くの失敗パターンを目の当たりにしてきました。それを踏まえたうえでフィリピン留学を失敗させないためのポイントを箇条書きで挙げていこうと思います。 ①日本にいる間に基礎は完成させておく これが一番大事です。せめて中学卒業レベルまでの基礎は完成しておかないと、フィリピンで英語で文法を勉強することになり効率が悪すぎます。また、その状態でどれだけ英語を話してもなんとなく単語をつないだだけのジャパニーズイングリッシュから抜け出すことができないです。単語、文法、瞬間英作文をしっかりやったうえでフィリピンではアウトプットだけに集中するのがベストな過ごし方だと思います。 ②語学学校で恋人を作らない! 語学学校は、『ここは合コンか?』と思うくらいたくさんのカップルが生まれます(笑)お互いにモチベーションを保って切磋琢磨するのならいいのですが、そのようなケースはまれで、ほとんどのカップルが授業に出なくなったり、規則を破って退学させられたり、滞在期間を縮めたりとせっかくの貴重な留学を台無しにしてしまっているケースが多かったです。 ③平日は外出しない 平日は授業の予習、復習、自分の勉強に集中すべきです。外国人の生徒と外に飲みに行けばスピーキングの練習になるのでは?と甘い期待をしがちですが、まだまだ英語レベルの高くない人同士でいくら英語で話したところで変な発音、単語を並べただけの英語に慣れてしまいスピーキングの向上につながりにくいと思います。 先生方とご飯に行ったり英語の上手な生徒と話したりするのはとても有効なスピーキング練習になります。 ④何かしらの資格、テストに挑戦してみる 1カ月だけの短期留学なら話は別ですが、3カ月以上の留学となるとモチベーションの維持が本当に難しいです。というのも慣れてくるとただのルーティンワークになり何を目標に勉強していけばいいのか分からなくなります。 そこで、TOEICやTOEFL、IELTSといった何かしらの試験に挑戦してみることで自分の成長を数字で確認することができ、日々のモチベーション維持に多いに役立つのではないかなと思いました。 やはり留学を成功させるのは、本人のモチベーションにかかっていると思います。何を持って成功と言えるのか、ゴール地点を明確にすることが大切だと思いました。 トイックスコアップをするために具体的にやっていたこと 私は始めの5週間はスピーキング重視のintensiveESLコース、その後はマンネリ化を防ぐためにTOEICコースで7週間勉強しました。TOEICのスコアをアップするためのポイントは何よりも『問題に慣れる』ことだと思います。 TOEICはセンター試験や英検と違ってビジネス寄りなので単語やシチュエーションが独特です。逆に言えば何度も問題をこなしていると同じような展開にしばしば遭遇します。受ければ受けるほど自然にスコアも上がっていくテストであると言えます。 TOEICコースでは週に2回、月水曜日にマックテストというものがあり、ナイトクラスの時間に本番形式で模擬テストが行われます。そこで毎週自分の実力をチェックしながら問題に慣れるための訓練をします。特にTOEIC用の単語を覚えたりテクニックを勉強したりすることはなく、ひたすらたくさん問題を解いていきながら総合的に英語力をつけていくことができました。 リスニング対策としては、先生に勧められて毎日ひたすらシャドーイングという練習をやりました。シャドーイングというのは聞こえてきた音声に続いて自分で発音していくトレーニングです。この練習を行った結果リスニングはもちろんですが、スピーキングの強化にもつながりました。英語の抑揚や発音を無意識に出来るようになり、日本人特有の『単調な英語』を抜け出すことができました。 まとめますと、TOEICで700点や800点を越えるレベルでいいのであれば、たくさん問題を解き、シャドーイングを徹底すれば十分なのではないかなと思います。900点を目指すとなるとTOEIC特有の単語を詰め込んだり、もう少しテクニックを学んでいく必要があります。 バギオのナイトマーケットの様子 フィリピン留学のメリットとデメリット メリットは英語だけを勉強する環境に身を置けることだと思います。日本にいるとどうしても学校やバイト、友達との人間関係といった別のことに意識を向けざるをえませんが、フィリピンだと100%英語だけに集中することができます。 また、フィリピン留学特有の徹底したマンツーマン授業により英語を嫌でもアウトプットしなければならないので、かなり鍛えてもらえると思います。環境、費用と基礎スピーキングの徹底がフィリピン留学の大きなメリットなのではないかと思います。 デメリットは、来てみて分かったことなのですが、実感としてフィリピン留学だけで英語をペラペラ話すようになるのは難しいのかなと思いました。もちろん学校や本人のモチベーションによりけりだとは思いますが、大きな理由として、基本的に授業以外で英語が聞こえてきません(笑) 学校では韓国語、中国語、日本語が飛び交っています。先生方も授業以外では現地のタガログ語で話しているので学習者本人に相当な意思がない限り英語に浸る環境には身を置けないのかなと思いました。 12週間の留学を終え、最後のイベント卒業式の様子 フィリピン留学まとめ 総じてフィリピン留学は英語学習の入り口としては本当に素晴らしい環境だと思います! 英語で話す壁を壊すには十分だと思いますが、フィリピン留学だけで英語ペラペラになるぞ!という高い期待は禁物かなと思います。あくまでも、フィリピン留学を第一ステップとして、次にネイティヴ圏の留学にチャレンジしてみたり、その後の英語学習のモチベーションアップにつなげるというのが賢い使い方なのかなと思います。 【関連記事】 ・就活成功者がアメリカ留学時代に行っていた事 ・仕事をしながら3週間で、TOEIC800点を取った時の話 ・アメリカ留学の費用が最大600万安くなる! ・外人から見た日本のすごいところ50Part1 ・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20Just another WordPress site