LINEで送る
Pocket

日本から距離にしておよそ1万2000km。遠いアフリカ、タンザニアの地でその圧倒的な実行力と熱い情熱で現地に教育支援を行っている学生団体がいる。その名は「ASANTE PROJECT」。ASANTEとはスワヒリ語でありがとうを意味し、そこには自己満足で終わらず現地の人に心からASANTEと思ってもらえる活動がしたい、という思いが込められている。

2016年4月に創設されたばかりの若い団体であり、メンバーはすべて大学生で構成されている。わずか半年の間に彼らはタンザニアの地で何をし、何を変えたのか。代表の稲川氏と小林氏、運営メンバーの池田氏に話を伺った。

%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%86%ef%bc%92 稲川雅也(いながわまさや)・・・早稲田大学社会科学部3年。神奈川県出身。最初のタンザニア渡航でアフリカの文化、雰囲気、人々にほれる。趣味は旅中に各航空会社のCAさんの制服をガン見すること。エアアジアが好き。「夢は夢に非ず」が座右の銘。トウモロコシと早起きが苦手。末端冷え性が悩み。

 

%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%86小林響樹(こばやしひびき)・・・上智大学総合グローバル学部2年。東京都出身。高校1年生の時にアメリカ、コロラド州に語学留学。そこで様々な人々と接したことをきっかけに広い世界を見てみたいと思い、大学1年から世界中を旅するようになる。趣味は旅、筋トレ、音楽、写真。今までに訪れた国は、アメリカ、タンザニア、メキシコ、インドネシア、トルコなど。

 

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%86池田優利華(イケダユリカ)・・・上智大学総合グローバル学部1年。福岡県出身。オーストラリア留学やアジア太平洋こども会議を経験する中でもっと視野を広げるため途上国にも目を向けたい思い、国際協力に関心を持つようになった。現在はサークルでカンボジアでのボランティア活動も行う。

 

ニーズを捉えていない支援は現地の重荷になる

―学生団体設立までの経緯を教えてください

稲川氏:今年の3月にまったくのノープランでアフリカをいわゆる”バックパッカー”として旅をしていました。その当時はまったくボランティアに興味がなく、むしろ学生の間で就職活動に役立つ課外活動としてされうる場合もあるボランティア活動を正直敬遠していました。そんな中、タンザニアで宿や食事のサポートまでついているボランティア体験を偶然日本で見つけ、宿までつくのならばと、軽い気持ちで参加してみました。

小林氏:僕も稲川さんと同じ経緯でそのボランティア体験に参加して、そこで初めて稲川さんと出会いました。そして初めて見たタンザニアの幼稚園の教育環境に唖然としました。現場は簡易なトタン屋根や雨風をしのぐ外壁がなく、また数少ないチョークを生徒一人ひとりに渡すために1本のチョークを最初にいくつかに砕いて使うなどのことをしていました。

稲川氏:僕たちはその幼稚園の校長先生、マダムステラとも交流したのですが、彼女のある言葉が強く印象に残っています。彼女はある時、部屋からたくさんの”ぬいぐるみ”や”おもちゃ”などを持ってきてこう言いました。

「これらはすべて外国からの支援として送られてきた物品です。しかしながら子供達に必要なのはこういったものではない。彼らに必要なのは少しでも多くの紙とペンなんです…。」

その時僕は現地のニーズをしっかりと捉えずに”支援”という名のもとに行動すれば、それはただの押し付けにしかならず、場合によっては現地の重荷になり得ることを感じました。

小林氏:このような背景があって、僕たちはタンザニアの地で「帰国したら絶対にこのタンザニアの教育環境を改善させるプロジェクトをすぐに立ち上げよう」とかなりの駆け足具合で、当時抱いた思いに素直に従いながら4月から仲間を募って始動し始めました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91
壁に貼られたポスターを使い、子供に英語を教えるメンバー。

クラウドファンディングにて資金調達。渡航費や滞在費は実費。

―学生団体はどのように運営しているのですか?

稲川氏:まず仲間を募るためにSNSでリクルーティングをし、また大学のゼミの仲間などに声をかけました。現在所属している数としては30人程度いますが、実質10人程のメンバーで活動しています。自分たちの想いに共感して力を貸してくれるメンバーがこれだけいて、本当に感謝しています。

小林氏:またメンバーの募集と同時に、資金調達も並行して行いました。クラウドファンディングを利用して1カ月で40万円以上集まりました。これらの支援者様からのお金はすべてタンザニアの教育支援に当てさせていただきました。本当に周りの皆さまからの支えで僕たちは成り立っていると、感謝してもしきれません。

―集めたお金をすべてタンザニアに充てるとなると、渡航費や滞在費などはどうしているんですか?

稲川氏:そこはメンバー全員が必死にアルバイトして稼いでいます。渡航費や滞在費には支援者様のお金を使わないことに決めていますので、メンバー一人一人がタンザニアに行くために身を削って活動しています。

タンザニアにある学校でのクラスの様子

―具体的な成果とまたその過程で困難だったことを教えてください。

稲川氏:4月の団体立ち上げからすぐの夏に、またタンザニアに戻り活動することを目標としていたので、現地に行ったことのない他のメンバーとの足並みを揃える時間がなく彼らとの活動イメージの共有には骨が折れましたね。

特に「ASANTE TEXT プロジェクト」と名付けている教科書作りに関して言えば、僕と小林のみが現地での教育がどのようなものか知っていたので、コンテンツ作りの際にはメンバーには丁寧にその内容を伝え彼ら自身にも子供たちが飽きずにまた教科書を渡した後も自主学習できるようなアイデアを考えてもらいました。

小林氏:教科書作りに関しては僕も現地で視察したクラスの授業内容に基づき、メンバーに必要となる要素を伝えるように努力しましたね。またマダムステラの学校に鉛筆・ノート・チョーク・消しゴム・鉛筆削り・黒板消しなどの文房具を寄付いたしました。彼女とのコンタクトで現地のニーズをしっかりと把握できたからこそできた寄付だと思います。

そしてそれまでお金がなく金網だけであった校舎の外壁もクラウドファンディングでいただいた資金を元にブロックを3000個購入し見事完成することができました。3月からの帰国後も継続的に現地で僕たちの思いに共感してくれたコーディネーターと連絡を取り続け、日本人のみならずローカルな人々も巻き込んで目的を成し遂げられたことは大きな財産です。

支援金により購入した外壁用ブロック。
支援金により購入した外壁用ブロック。

―教科書作りに携わった後輩メンバーからも、お話を伺いたいのですが。

稲川氏:わかりました。少々お待ちください。

(後輩メンバーの内の1人、登場…)

いきなり代表から教科書作りを頼まれた

―お名前とこの団体に協力した理由、また教科書作りの感想を教えてください。

池田氏:私はもともと高校でボランティアなどをした経験があったのですがその時に未知な事に対して挑戦する面白さを感じました。アジアは日本にとって身近であり、どちらかというとアフリカの方が自分にとってまったく想像のつかない地域でしたので興味が湧きました。

ただ、稲川さんと小林さんからいきなり教科書作りを頼まれた時、本当に何をすればいいかわかりませんでしたね。だって教科書を今まで作ったことなんて当然なかったものですから(笑)。月2,3回集まって女子3人、男子1人でわかりやすく絵をかいてアルファベットの学習ができるようにしたり、塗り絵のページを作ったりなど子供達が飽きないように相違工夫しました。

制作には約2カ月かかり、総ページ数は20ページのものとなりました。私はタンザニアに行くことができなかったのですが、9月に他のメンバーが現地へ届けた時は、一人一冊教科書を持てることに対して子供達が大喜びしてくれて、大好評だったそうです。初めての試みで誰のためにどう使われるのか具体的なイメージが湧きにくい仕事でしたが、その話を聞いてやってよかったと本当に思いました。

メンバーが制作したテキスト。
メンバーが制作したテキスト。

―次に挑戦したいことと、後輩から見た代表2人の印象はどうですか?

池田氏:より深く現地の教育ニーズを盛り込んだ教科書へとグレードアップさせることと、学年別に教科書を作り直して、児童たちの学習能力にあったものを作り上げたいですね。子供達側だけでなく教える側も教科書があることで子供達の進度や理解度を把握しやすくなったそうで、今回大成功したこの「ASANTE TEXT プロジェクト」を持続可能なものにしたいです。

代表の印象に関しましては、稲川さんは本当に熱い情熱とカリスマ性があって、周りの人を巻き込む力があるんだと思います。小林さんに関してはいい意味でまったく支援活動などに興味のなさそうな人で、でもその胸の内には稲川さんと変わらない思いがしっかりとあって、チャレンジ精神にあふれた人だと思います。そのギャップが人間として魅力的だなと思います。

―最後に一言どうぞ。

稲川氏:僕たちはボランティアはあくまで手段であって目的であってはならないと思っています。ボランティアをしたいから貧しい国を探して現地に行くのではただの奉仕側の自己満足で終わり、何の解決にもなりません。

僕たちは途上国の様子を見て学生の力でこの現実の何かを変えたいと思い、そのソリューションとして支援活動を選びました。今後はさらに支援先の学校数増加や活動範囲を広げる予定であるため、運営メンバーを大募集しています。僕たちの活動理念に少しでも共感していただけた方はぜひご連絡ください。お待ちしております。

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

◆学生団体ASANTE PROJECTにご関心がある、またはお問い合わせはこちらから。 http://asanteproject.wixsite.com/asante-project

https://www.facebook.com/asante.project/?fref=ts

 

【関連記事】
・効率を求めていた私が、タイの寺院建設の現場を見て感じたこととは?!
・ミスコン候補者が見たウガンダの現実。
・フィリピン(バギオ)留学を失敗させない4つのポイント
・モノづくりの力で、アフリカの飢餓問題を解決する!
・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法

この記事を書いた人

Aki Tajima
Aki Tajima
アジアの新興国・途上国、中米などを旅する学生バックパッカー。海外でのインフラ整備に興味があり、アメリカ留学を経験した後、大手総合電機メーカーに就職予定。
LINEで送る
Pocket

http://worlli.com/wp-content/uploads/2016/10/87db57de7666c2d34061ace4a201c293-500x375.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/10/87db57de7666c2d34061ace4a201c293-120x120.jpgAki Tajimaインタビューグローバルソシャビ研究会学生日本から距離にしておよそ1万2000km。遠いアフリカ、タンザニアの地でその圧倒的な実行力と熱い情熱で現地に教育支援を行っている学生団体がいる。その名は「ASANTE PROJECT」。ASANTEとはスワヒリ語でありがとうを意味し、そこには自己満足で終わらず現地の人に心からASANTEと思ってもらえる活動がしたい、という思いが込められている。 2016年4月に創設されたばかりの若い団体であり、メンバーはすべて大学生で構成されている。わずか半年の間に彼らはタンザニアの地で何をし、何を変えたのか。代表の稲川氏と小林氏、運営メンバーの池田氏に話を伺った。 稲川雅也(いながわまさや)・・・早稲田大学社会科学部3年。神奈川県出身。最初のタンザニア渡航でアフリカの文化、雰囲気、人々にほれる。趣味は旅中に各航空会社のCAさんの制服をガン見すること。エアアジアが好き。「夢は夢に非ず」が座右の銘。トウモロコシと早起きが苦手。末端冷え性が悩み。   小林響樹(こばやしひびき)・・・上智大学総合グローバル学部2年。東京都出身。高校1年生の時にアメリカ、コロラド州に語学留学。そこで様々な人々と接したことをきっかけに広い世界を見てみたいと思い、大学1年から世界中を旅するようになる。趣味は旅、筋トレ、音楽、写真。今までに訪れた国は、アメリカ、タンザニア、メキシコ、インドネシア、トルコなど。   池田優利華(イケダユリカ)・・・上智大学総合グローバル学部1年。福岡県出身。オーストラリア留学やアジア太平洋こども会議を経験する中でもっと視野を広げるため途上国にも目を向けたい思い、国際協力に関心を持つようになった。現在はサークルでカンボジアでのボランティア活動も行う。   ニーズを捉えていない支援は現地の重荷になる ―学生団体設立までの経緯を教えてください 稲川氏:今年の3月にまったくのノープランでアフリカをいわゆる”バックパッカー”として旅をしていました。その当時はまったくボランティアに興味がなく、むしろ学生の間で就職活動に役立つ課外活動としてされうる場合もあるボランティア活動を正直敬遠していました。そんな中、タンザニアで宿や食事のサポートまでついているボランティア体験を偶然日本で見つけ、宿までつくのならばと、軽い気持ちで参加してみました。 小林氏:僕も稲川さんと同じ経緯でそのボランティア体験に参加して、そこで初めて稲川さんと出会いました。そして初めて見たタンザニアの幼稚園の教育環境に唖然としました。現場は簡易なトタン屋根や雨風をしのぐ外壁がなく、また数少ないチョークを生徒一人ひとりに渡すために1本のチョークを最初にいくつかに砕いて使うなどのことをしていました。 稲川氏:僕たちはその幼稚園の校長先生、マダムステラとも交流したのですが、彼女のある言葉が強く印象に残っています。彼女はある時、部屋からたくさんの”ぬいぐるみ”や”おもちゃ”などを持ってきてこう言いました。 「これらはすべて外国からの支援として送られてきた物品です。しかしながら子供達に必要なのはこういったものではない。彼らに必要なのは少しでも多くの紙とペンなんです...。」 その時僕は現地のニーズをしっかりと捉えずに”支援”という名のもとに行動すれば、それはただの押し付けにしかならず、場合によっては現地の重荷になり得ることを感じました。 小林氏:このような背景があって、僕たちはタンザニアの地で「帰国したら絶対にこのタンザニアの教育環境を改善させるプロジェクトをすぐに立ち上げよう」とかなりの駆け足具合で、当時抱いた思いに素直に従いながら4月から仲間を募って始動し始めました。 クラウドファンディングにて資金調達。渡航費や滞在費は実費。 ―学生団体はどのように運営しているのですか? 稲川氏:まず仲間を募るためにSNSでリクルーティングをし、また大学のゼミの仲間などに声をかけました。現在所属している数としては30人程度いますが、実質10人程のメンバーで活動しています。自分たちの想いに共感して力を貸してくれるメンバーがこれだけいて、本当に感謝しています。 小林氏:またメンバーの募集と同時に、資金調達も並行して行いました。クラウドファンディングを利用して1カ月で40万円以上集まりました。これらの支援者様からのお金はすべてタンザニアの教育支援に当てさせていただきました。本当に周りの皆さまからの支えで僕たちは成り立っていると、感謝してもしきれません。 ―集めたお金をすべてタンザニアに充てるとなると、渡航費や滞在費などはどうしているんですか? 稲川氏:そこはメンバー全員が必死にアルバイトして稼いでいます。渡航費や滞在費には支援者様のお金を使わないことに決めていますので、メンバー一人一人がタンザニアに行くために身を削って活動しています。 ―具体的な成果とまたその過程で困難だったことを教えてください。 稲川氏:4月の団体立ち上げからすぐの夏に、またタンザニアに戻り活動することを目標としていたので、現地に行ったことのない他のメンバーとの足並みを揃える時間がなく彼らとの活動イメージの共有には骨が折れましたね。 特に「ASANTE TEXT プロジェクト」と名付けている教科書作りに関して言えば、僕と小林のみが現地での教育がどのようなものか知っていたので、コンテンツ作りの際にはメンバーには丁寧にその内容を伝え彼ら自身にも子供たちが飽きずにまた教科書を渡した後も自主学習できるようなアイデアを考えてもらいました。 小林氏:教科書作りに関しては僕も現地で視察したクラスの授業内容に基づき、メンバーに必要となる要素を伝えるように努力しましたね。またマダムステラの学校に鉛筆・ノート・チョーク・消しゴム・鉛筆削り・黒板消しなどの文房具を寄付いたしました。彼女とのコンタクトで現地のニーズをしっかりと把握できたからこそできた寄付だと思います。 そしてそれまでお金がなく金網だけであった校舎の外壁もクラウドファンディングでいただいた資金を元にブロックを3000個購入し見事完成することができました。3月からの帰国後も継続的に現地で僕たちの思いに共感してくれたコーディネーターと連絡を取り続け、日本人のみならずローカルな人々も巻き込んで目的を成し遂げられたことは大きな財産です。 ―教科書作りに携わった後輩メンバーからも、お話を伺いたいのですが。 稲川氏:わかりました。少々お待ちください。 (後輩メンバーの内の1人、登場...) いきなり代表から教科書作りを頼まれた ―お名前とこの団体に協力した理由、また教科書作りの感想を教えてください。 池田氏:私はもともと高校でボランティアなどをした経験があったのですがその時に未知な事に対して挑戦する面白さを感じました。アジアは日本にとって身近であり、どちらかというとアフリカの方が自分にとってまったく想像のつかない地域でしたので興味が湧きました。 ただ、稲川さんと小林さんからいきなり教科書作りを頼まれた時、本当に何をすればいいかわかりませんでしたね。だって教科書を今まで作ったことなんて当然なかったものですから(笑)。月2,3回集まって女子3人、男子1人でわかりやすく絵をかいてアルファベットの学習ができるようにしたり、塗り絵のページを作ったりなど子供達が飽きないように相違工夫しました。 制作には約2カ月かかり、総ページ数は20ページのものとなりました。私はタンザニアに行くことができなかったのですが、9月に他のメンバーが現地へ届けた時は、一人一冊教科書を持てることに対して子供達が大喜びしてくれて、大好評だったそうです。初めての試みで誰のためにどう使われるのか具体的なイメージが湧きにくい仕事でしたが、その話を聞いてやってよかったと本当に思いました。 ―次に挑戦したいことと、後輩から見た代表2人の印象はどうですか? 池田氏:より深く現地の教育ニーズを盛り込んだ教科書へとグレードアップさせることと、学年別に教科書を作り直して、児童たちの学習能力にあったものを作り上げたいですね。子供達側だけでなく教える側も教科書があることで子供達の進度や理解度を把握しやすくなったそうで、今回大成功したこの「ASANTE TEXT プロジェクト」を持続可能なものにしたいです。 代表の印象に関しましては、稲川さんは本当に熱い情熱とカリスマ性があって、周りの人を巻き込む力があるんだと思います。小林さんに関してはいい意味でまったく支援活動などに興味のなさそうな人で、でもその胸の内には稲川さんと変わらない思いがしっかりとあって、チャレンジ精神にあふれた人だと思います。そのギャップが人間として魅力的だなと思います。 ―最後に一言どうぞ。 稲川氏:僕たちはボランティアはあくまで手段であって目的であってはならないと思っています。ボランティアをしたいから貧しい国を探して現地に行くのではただの奉仕側の自己満足で終わり、何の解決にもなりません。 僕たちは途上国の様子を見て学生の力でこの現実の何かを変えたいと思い、そのソリューションとして支援活動を選びました。今後はさらに支援先の学校数増加や活動範囲を広げる予定であるため、運営メンバーを大募集しています。僕たちの活動理念に少しでも共感していただけた方はぜひご連絡ください。お待ちしております。 ◆学生団体ASANTE PROJECTにご関心がある、またはお問い合わせはこちらから。 http://asanteproject.wixsite.com/asante-project https://www.facebook.com/asante.project/?fref=ts   【関連記事】 ・効率を求めていた私が、タイの寺院建設の現場を見て感じたこととは?! ・ミスコン候補者が見たウガンダの現実。 ・フィリピン(バギオ)留学を失敗させない4つのポイント ・モノづくりの力で、アフリカの飢餓問題を解決する! ・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法Just another WordPress site