LINEで送る
Pocket

(Japanese version follows after English)

(日本語訳は記事の後半にあります)


Tokyo. The capital of Japan and more than 10 million people live their lives in this hectic city. Since the number of tourists has been increasing year by year due to Tokyo Olympics 2020, it has been constantly internationalized and something new or unique comes out on a daily basis. We basically have payed attention to Japanese students who pursued their own dreams offshore and published web-articles about them so that more Japanese young people could be inspired or stimulated from them and given a courage to do challenging things.

But this time we had an interview with two exchange students from Europe. Things that we, Japanese don’t notice turned out from their own perspectives.

 

Cyrielle Torta: Born in Laon, France in 1995. Started studying at University of Toulouse-Jean Jaurès(hereinafter, referred to as “UT2J”) and moved to Tokyo to study at Chuo University since September in 2016. Dance lover.

 

Nicola Zanetti: Born in Faido, Switzerland in 1991. Started studying at University of Geneva(hereinafter “UNIGE”) and moved to Tokyo for the same reason as Cyrielle’s. Enthusiast of Calligraphy and Chess.

-What do you study in the college and what made you have sort of interests in Japan?

Cyrielle: Of course I currently study Japanese at Chuo but I took Japanese class 2 or 3 hours in a week in highschool back in France and then I enrolled UT2J to learn literature. Well, as everybody knows, Japanese anime has been out on TV worldwide so I watched them like Sailor Moon(セーラームーン) and Magical Doremi(おジャ魔女どれみ) when I was a kid. I also listen to Japanese songs.

The more I got closer to Japanese pop-culture, the more deeper I felt I was obsessed with it. After my interests in Japan began with pop-culture, I became a big fan of Haruki Murakami(known as a famous Japanese novelist in the world). His novels got me more deeper into Japan for sure. I love the beauty of Japanese language too!

Hanging out with Japanese friends on the beach. ビーチで日本人の友達と遊んだ時の一枚。

Nicola: My major is Japanese and Chinese but I have studied Japanese on my own since I was 14 using the paper dictionary and internet. I really got fascinated by Japanese words, pronunciation and whatever related to that language while I studied it. Needless to say, Japanese video games are awesome and exciting.

I played it so often. But there is another reason why I really get into Japan. It’s beautiful sounds of Japanese words. I know Japanese people probably can not understand  what I mean and I can not explain it well either. But one thing I can say for sure is Japanese words sound just beautiful somehow for me. This is off topic, but “Neko(means cat in Japanese)” sounds similar to my name “Nico” and that might be one of reasons why I move to Japan now. Who knows?

-Why did you choose Chuo?

Cyrielle: To be honest with you, I wanted to study in Kyoto(old capital city and quite traditional) but unfortunately I could not fill the academic requirements to study there so I started looking for another way and then I found the academic course and exchange program with Chuo that fitted in my major. Lucky me, UT2J has the partnership with Chuo so the tuition is cheap and scholarship system is enriched compared to the other cases I study in Japan through other private agencies.

There is a selection like an interview or judging by academic score because it’s an exchange program. When I was in the interview, I was a little bit nervous but I could manage to answer the question in Japanese. Now I’m here in Chuo. I’m really happy to be here because I met so many nice people and they’re very pleasant as well. I also have fun in classes and love the environment of this university!

Japanese text books. 日本語クラスの教科書。

-How is your school and private life in Tokyo?

Nicola: Basically classes are not so hard for me because I have leaned it on my own but I’m sure they get my Japanese skill more advanced and I recognize I can brush up my Japanese day by day. In this semester, I take classes of Chinese, Japanese, Japanese literature and Japanese culture which puts focus on specially Japanese spirituality and shinto tradition.

It’s sort of weird that I learn Chinese in Japanese but it’s absolutely fun for me. So I go to university 4 days in a week. When school or class is off, I enjoy my private time, going to the bar or restaurant where I can talk with people and on a short trip to Kamakura and Nikko which are nearby Tokyo with my friends. Since Tokyo is a quite urban and developed city, you can hang out wherever you go and have some fun.

Drinking party at Izakaya. 居酒屋での飲み会。

-What do you think of Japanese college students?

Cyrielle: At least my university back in France there are a few student’s clubs on campus but here in Japan is totally different. There are so many student organizations and they run them by themselves on a daily basis. For example, I know almost all universities have English clubs that aim to practice English with others and one impressive thing is they teach English each other.

They decide the sophisticated studying curriculum and implement it properly without teachers. I think Japanese students are very independent and have high standard of willingness on whatever they do.

I’ve known about Japanese people’s general personalities and I respect them of course. But I sometimes get confused when I ask something to Japanese people because they are so indecisive and they’re reluctant to tell me their true feelings. If you want to turn down my offer, you can do it and I don’t care about that because it is totally okay! But I guess they think answering “yes or no” sounds too direct, non-filter and impolite somehow. That is the fact I think is very different and interesting.

I have one more weird feeling about Japanese people. As you know, everybody in western countries hugs as greetings or touches friend’s body with not that much hesitation while hanging out. But I think Japanese people are not likely to do it even when they drink at Izakaya(Japanese-Style bar). That might have been a culture shock for me.

-What do you think of transportation system in Tokyo?

Nicola: It is just amazing and I can’t believe how they punctually run it. All trains pull into the platform on time and people wait in the cue in a good manner to get in the train. At first I was so confused to use trains but if you have a map you can go everywhere in Tokyo with cheaper tickets(at least they are a bit cheaper than in Switzerland).

Only in rush hours, you definitely see so many  passengers jostle each other and a station attendant push passengers’ back to squeeze them into the train. You should join that crowd and do physical training in the train just as an experience at least one time. I’m just kidding.

-Any advice for students who want to study in Japan?

Cyrielle: Just study and learn as many Japanese cultures as you can in advance so that you can blend in the new environment immediately. Knowledge about Japanese educational systems would be helpful for you too when you start studying in Japan.

Nico: Language practice. That’s it. Even outside of Japan, you could meet Japanese exchange students or join some events that you could learning Japanese and whatever relevant to that country. All your efforts to study in Japan will pay off. I proved it in my life.


以下、日本語訳(Japanese version is below)

東京。日本の首都であり1000千万人以上の人々がこの忙しい街に生活している。東京オリンピックの影響で観光客の数は年々増え続けているため、街は絶え間なく国際化していっており、日常的に何か新しいものあるいはユニークなものが生まれ続けている。私たちはこれまで基本的に海外で夢を追い続ける日本人学生に焦点を置き、より多くの日本人の若者が刺激され困難なことに対し挑戦する勇気をもてるように、彼らに関する記事を書いてきた。
しかし今回我々は2人のヨーロッパからの交換留学生と対談をした。日本人が気づかない物事が彼ら独自の視点から明るみになった。

Cyrielle Torta・・・フランス、ラン、1995年生まれ。University Toulouse – Jean Jaurès(以下UT2J)へ入学後、東京の中央大学へ2016年9月から交換留学中。趣味はダンス。

Nicola Zanetti・・・1991年、スイスのファイドに生まれる。University of Geneva(以下UNIGE)へ入学後東京へCyrielleと同様な形で来日。書道とチェスにハマり中。

―大学では何を学び、またなぜ日本に興味を持ったのですか?

Cyrielle:もちろん私は現在日本語を中大で学んでいますがフランスにいた頃から高校で週に2、3時間の日本語クラスを取っていました。その後UT2Jに進学して文学を専攻しています。まぁみなさんご存じの通り、日本のアニメは世界中で放送されています。なので私は「セーラームーン」や「おジャ魔女どれみ」などのアニメを子供のころよく見ていましたね。

また日本の音楽も聴きます。日本のポップカルチャーに近づけば近づくほど、私は自分自身がどんどん夢中になっていくのを感じました。日本のポップカルチャーをきっかけに、その後私は村上春樹(世界でも有名な日本の小説家)の大ファンになりました。彼の小説は確かに私により日本に興味を持たせてくれましたね。日本語の言葉の美しさも大好きです!

Nicole:僕の専門は日本語と中国語ですが、14歳のころから独学で辞書やインターネットを使って日本語を勉強していました。勉強していくうちに、日本語の一つ一つの言葉や、発音、とにかく言語としての日本語に関するあらゆるものに僕は非常に魅力を感じましたね。言うまでもなく、日本のテレビゲームは最高にエキサイティングで、実際に僕もたくさん遊びました。

しかし僕が日本に興味をもった理由はそれ以外にもう一つあります。日本語の音の美しさです。僕が今なにを言っているのかはおそらく日本の方々は理解できないのは僕自身十分承知しています。そして僕もそれをうまく説明できません。でも自信をもって言えることは日本語の音はなぜかとても美しく外国人の僕には聞こえるんです。

これはちょっと関係ない話かもしれませんが、”ネコ”の発音は僕の名前の”ニコ”に似てますよね。たぶんそれも僕が今日本で生活することになった理由の一つかもしれません。誰にもわかりませんよね(笑)。

―なぜ中央大学を選んだのですか?

Cyrielle:正直に言うと、私は本当は京都で留学したかったんですけど、残念ながら成績面での基準を満たすことができず、他の方法を探し始めました。そして私のフランスでの専攻とマッチする交換留学プログラムが中央大学にあることをなんとか見つけました。幸運なことに中央大学とUT2Jは協定校なので学費は安く、奨学金も他の個人的なエージェントを通して日本で勉強する場合に比べて充実しています。

交換留学プログラムなので面接や成績による選考が当然あり、面接の時は私は少し緊張していましたけどなんとか日本語で質問に答えることができました(笑)。そして今私は中央大学にいます。たくさんステキな人たちに出会えましたし、彼らはまたとても感じのよい優しい人たちで私は本当に幸せです。大学の授業にも満足していますし、この環境を愛しています!

―日本でのスクールライフとプライベートな生活はどうですか?

Nicole:僕は今まで独学で勉強をしていたので大学の授業はそこまで難しく感じません。でも確実にそれらの授業は僕の日本語のレベルをあげてくれてますし、毎日自分の日本語が上達しているのを認識しています。この学期では中国語、日本語、日本文学、日本の精神性と神道に特に重きを置いて学習する日本文化を私は履修しています。

日本語で中国語を学ぶのは少し変な感じですが、僕にとってはかなり楽しいです。大学には1週間で4日間通っていて、学校や授業がないときは人と話せるバーやレストランに行ったり、東京周辺の鎌倉や日光に友達と小旅行にいったりなどして自分のプライベートな時間を楽しんでます。東京は大都市ですのでどこに行っても遊べますし楽しめます。

―日本の大学生についてどう思いますか?

Cyrielle:少なくとも私のフランスの大学には学生によるサークルはごくわずかでした。でも日本の大学は違います。ここには多くの学生団体が存在し、学生主体で運営されています。例えば、日本のほとんどの大学で英語を練習することを目的とした英語サークルが存在しますが、素晴らしいのは彼らは英語をお互いに教え合っていることです。自分たちで洗練されたカリキュラムを作成し先生なしでそれらをしっかりとこなしていく。

日本の学生は何をするにしてもとても独立心があり高いレベルでのやる気を持ち合わせていると思います。日本人の一般的な国民性を私はよく知っていますし、またそれをもちろん尊敬しています。でも日本人に何かを聞くとき、私は時々混乱することがあります。彼らは少し優柔不断で本当の気持ちや考えを正直に話したがらないと思います。

もし私のお願いや提案を断りたいなら直に断ればいいし、私はまったくそのことを気にしません!でも私が思うに彼らは”はい”か”いいえ”で質問に答えることは直接すぎて若干丁寧には聞こえないと考えてるのかもしれません。でもこういったことはとてもユニークでおもしろいなと私は思います。

それからもう一つ、日本人に関して変だなと思う事があります。ご存じの通り、欧米ではみんな遊んでいるときそこまでのためらいなく、あいさつとしてハグや友達にボディタッチをします。でも日本人はたとえ居酒屋でお酒を飲んでいてもそう簡単にやらないですよね。これは私にとってカルチャーショックだったかもしれません。

―東京の交通システムについてどう思いますか?

Nicole:ただただ素晴らしいです。そしてどうやったらあんなに時間に正確に運営できるのか信じられません。すべての電車が時間通りにプラットフォームにやってくるし人々はしっかりとマナーを守って列に並んで待っています。最初は電車を使うのに戸惑いましたが、地図があれば都内を安い電車賃で(少なくともスイスよりは少し安い)簡単に移動できますよね。

ラッシュアワーの時だけ、多くの乗客が体を押し合い、駅員が乗客の背中を押して車内にねじ込めようとするのを見ることができます。少なくとも一回は、電車のあの人混みに入り車内でのフィジカルトレーニングを経験としてやってみるべきですね(笑)!冗談です。

―日本で学びたい外国人に何かアドバイスはありますか?

Cyrielle:新しい環境にすぐ溶け込めるようになるために多くの日本文化を前もって学んでおいてください。日本の教育システムに関する知識も実際に留学を始める際に手助けになると思います。

Nicole:語学の練習に尽きると思います。外国にいても、日本人の留学生に会ったり、日本語を学ぶ,もしくは日本に関係のあるイベントに参加できるはずです。日本で勉強するための努力をすれば必ずそれは報われます。私がその証明です。
【関連記事】
・ミスコン候補者が見たウガンダの現実。
・英語下手な私がTOEIC 800点を一ヶ月で突破した3つの秘密とは
・ドイツサッカー留学、日本人大学生の挑戦!
・日本のすごいところは何?外国人から見た50選
・バングラデシュで苦悩し、譲れない価値観と決意に 辿り着いた京大生(1/3)

この記事を書いた人

Aki Tajima
Aki Tajima
アジアの新興国・途上国、中米などを旅する学生バックパッカー。海外でのインフラ整備に興味があり、アメリカ留学を経験した後、大手総合電機メーカーに就職予定。
LINEで送る
Pocket

外国人留学生にインタビュー、日本人の変なところとはhttp://worlli.com/wp-content/uploads/2017/01/15935796_1279538215417899_1095252686_n-1-500x294.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2017/01/15935796_1279538215417899_1095252686_n-1-120x120.jpgAki Tajimaインタビュー和訳レッスン学生(Japanese version follows after English) (日本語訳は記事の後半にあります) Tokyo. The capital of Japan and more than 10 million people live their lives in this hectic city. Since the number of tourists has been increasing year by year due to Tokyo Olympics 2020, it has been constantly internationalized and something new or unique comes...Just another WordPress site