LINEで送る
Pocket

今回は、Japan Travel Mate の記事に掲載されていた外国人(この記事の場合オーストラリア人)から見た日本のすごいところについてをまとめてみました。私も日本を離れて見て多くの日本のすごいところを発見しました。役に立ちそうな英単語は詳しく説明もしていますので、英語を学習される方は勉強をしながら読み進めてもらえたらと思います。

1. Free Tissues – ティッシュ配り

“Grab a pack for your travels… they come in handy”

和訳:「旅のためにいっぱいもらっておこう、後で役に立つから。」

“They come in handy” もよく会話で聞く言い回しです。”Handy” という言葉だけ使うと「便利な」、「役に立つ」という意味になります(例えば “This book is really handy.” これは「この本は本当に便利だ。」という意味になります。)

“Comes in handy” というフレーズだとhandyが動詞として使われます。この場合は「ティッシュは持っておくと役に立つ。」と言っていることになります。

free-tissues-japan

2. You can drink alcohol just about anywhere – どこでもお酒を飲めること

“Low restrictions on where you can drink means you can drink alcohol on public transport, out on the street, at any festival or park etc. In Australia you’re basically only allowed to drink within licensed venues.”

和訳:「どこでもお酒を飲んでいいというゆるい規制は、お酒を公共交通機関や、道、お祭りや公園などでも飲めるということになる。オーストラリアでは基本的には許された場所でしかお酒を飲むことはできない。」

“licenced venue” というのは許された(licenced)会場、場所(venue)という意味です。オーストリアでは決まった場所でしか飲めないみたいですね。

3. Cheap alcohol – お酒が安い

“As an example, a 700ml bottle of Canadian club is about 1000yen in Japan, in Australia it would be at least 3500yen.”

和訳:「例えば、700mlボトルのカナディアンクラブウィスキーが日本ではおよそ千円するところ、オーストラルアでは最低でも三千五百円もする。」

“at least”は「最低でも」という意味です。よく使われるので知っておくと便利です。日本のお酒が安いなんて留学している私も知りませんでした。

cheap-whiskey-japan

4. Cheap cigarettes – タバコも安い

実は日本のタバコは安いらしいです。サイト”Insider Monkey”  にとりあげられた世界でタバコ代の高い国によりますと、世界で一番タバコが高いのはオーストラリア。

タバコ一本に約一ドル(約230円ほど)するのです。なので一箱買うと2000円くらいですよね。この和訳している記事を書いた著者はオーストラリア出身なので日本に来た際にタバコの値段の安さに驚きだったのではないでしょうか。

5. High-speed trains – 新幹線

bullet-train-shinkansen

6. Izakaya – 居酒屋

“I’m sure places like this would be illegal in Australia, the reason is that they offer not only all you can eat (tabehodai) but also all you can drink (nomiodai), usually for a given period of time (e.g. 60/90/120 minutes).”

和訳:「私はこういう場所はオーストラリアでは違法になる確信がある。なぜなら、居酒屋は食べ放題だけでなく飲み放題まで決まった一定の時間(60分、90分、120分など)で提供してくれる。」

“illegal” は違法という意味で、この場合、オーストリアでは居酒屋みたいな場所は違法になると言っています。「みたいな場所」はここでいう “places like this” です。”All you can eat” は食べ放題のことです。同じように”All you can drink”は飲み放題のことです。

“a given period of time”もよく使われるのですが、ある一定の時間、期間のことを示す時に使います。この場合”for”が前につくので「ある一定の期間にわたって」という意味になります。

7. Vending Machines – 自動販売機

“Mostly they are really nothing special.”

和訳:「自動販売機は日本では特に特別なものではない。」

これは日本では特に特別なものではないっていう意味です。”Mostly” や “really” を使うことで「特に」ということを述べています。”nothing special” は特別ではないという意味でいろんな場面で使えると思います。

海外にももちろん自動販売機はあるのですが、日本みたいにどこにでもあるわけではなく、温かい飲み物があるわけでもないので、使わない方が多いです。それに比べ日本にはどこにもあり、いろんな種類がありますよね。常に飲み物の温度を保っているのは日本ならではだと思います。

itoen-vending-machine-osaka

8. It’s ok to sleep at work – 職場で寝ても大丈夫

“In many different types of companies and schools, it is fine to take a 10 or 20 minute nap at your desk. Sprawled out or sitting up, it is very common.”

和訳:「いろんな会社や学校では10分、20分机で仮眠を取ることは大丈夫だ。くつろいでも、座っていても日本ではよくあることだ。」

“nap” は昼寝やうたた寝、仮眠のことを言います。”sprawled out”という言い回しは「大の字に広がって」や「くつろいで」という意味です。

これは、毎日朝早くから夜遅くまで働く日本人だからこそ必要なのかもしれませんね。

. Kei cars – 軽自動車

海外ではあまり軽自動車は見ません。特にアメリカでよく見られる自動車は普通車か少し大きめの乗用車です。

10. Tokyo – 東京

“One of the world’s mega-cities, Tokyo has about the same population as Australia. You’re guaranteed a great time visiting here, there is an almost endless amount of things to do and see.”

和訳:「世界でも大きい街の一つ、東京にはおおよそオーストラリアと同じくらいの人口が住んでいる。ここに訪れれば素敵な時間を過ごせるのが保証されているようなものだ。東京には果てしない数のすること、見ることがある。」

この文章での”about”は日本語でも使うアバウトとは違う意味です。この場合は「おおよそ」、「だいたい」という意味で使われています。

Shinjuku-HDR-Tokyo-Japan

11. Sumo – 相撲

“You have to see it with your own eyes to appreciate the skill and sheer power. On top of that is the ancient rituals and hardcore fan base, there is no questioning why this is such a popular sport in Japan.”

和訳:「その技術と凄まじい力は自分の目で見なくては正しく理解できたとは言えない。それに付け加え古くから伝わる儀式に絶対的なマニアの集団、なぜこれが日本で人気なスポーツなのはきかなくてもわかるだろう。」

“appreciate” は「正しく理解する」、「ありがたく思う」などいろいろな意味で使われます。”the skill and sheer power” は「その技術(skill)と凄まじい(sheer)力(power)」という意味になります。”ancient ritual”は古くから伝わる儀式(ritual)という意味です。

“hardcore” は結構若者の間でもよく使われる言葉で、意味は「信念を変えない」や、「絶対的な」です。最近若者で使われている”hardcore”は「何かを一生懸命やる」や、「過激な」という意味です。例えば、その言葉だけ使う場合もあり、”That was hardcore.” と使うと意味的には”That was awesome” と同じになります。

もう一つの使い方は例えば、”She studied hardcore all night long last night.” (彼女は昨夜一生懸命徹夜で勉強した。)と「一生懸命」という意味で使えます。学生同士などよく使われるので覚えておくと便利です。

sumo-basho-nagoya

12. Personal sweat towels – 自分専用の汗拭きタオル

“When it is hot in Japan, almost everyone carries their own personal small towel, used to wipe away sweat in the high humidity. Helps prevent sweat from building up and turning into stench.”

和訳:「日本の暑い時期、ほとんどの人が自分専用の小さいタオルをジメジメした中汗を拭くために持ち歩いている。これは汗がたまって匂いになるのを防ぐのを助ける。」

“wipe away”は「拭き取る」という意味です。”humidity”は「湿気、湿度」。日本の夏には欠かせない単語です。”building up”はこの場合では「たまる」という意味になります。他の意味では「増加」、「宣伝」、「準備期間」、「作る、立てる」などいろいろな意味があるますので使い方には要注意です。

13. Cherry blossoms – 桜

japanese-cherry-blossom-sakura-close-up

14. Cherry blossom festivals and viewing (ohanami) – お花見

“With the onset of spring and the delightful cherry blossoms seemingly everywhere, all areas of Japan have cherry blossom viewing days, events or festivals.”

和訳:「初春に美しい桜があちこちで咲き始めると、日本の各地では花見やイベント、お祭りが開催される。」

“onset of spring”は春の初め、初春のことを意味します。”delightful” は「愉快な」、「楽しい」、「喜びを与える」という意味です。この場合は直訳すれば「喜びを与える」が一番ですけど、文の構成から見て、「美しい」という意味にもなります。

Japan Travel Mate の記事に掲載されていたものを和訳しました。外国人(この記事の場合オーストラリア人)から見た日本のすごいところについてです。今回はPart 2です。まだPart 1を読んでいない方はこちらから。

日本の凄さを改めて知っていただくために、この記事を和訳しております。役に立つ単語は詳しく説明もしています。そして、新たな発見があるかもしれません。

15. Capsule hotels – カプセルホテル

“I’ve heard these were created to be earthquake proof, but they just seem like a way to pack more people into smaller places for cheap accommodation.”

和訳:カプセルホテルは地震から身を守るものだと聞いたが、私が見るところ、それは人々を安く、狭い場所へ詰め込むためのもののようだ。

“Earthquake proof”とは耐震のもの、この場合、地震から身を守るものという意味になります。

“they just seem like…” とくると「〜のような」という意味。”seem”と “seem like”は意味は同じですが後についてくる単語によって使い分けることができます。”seem”の場合は形容詞で、”seem like”の場合は名詞がつきます。例えば、”He seems nice.”と”He seems like a nice boy.”

capsule-hotel-bed-kyoto-japan

16. Samurai –

Super cool ultra warriors, an icon of Japan.”

和訳:とてもかっこいい並外れた武士たち、彼らは日本の象徴だ。

この文には普段日常会話で何かを褒める時に使える単語がたくさん使われています。”super”は「最高」という意味で、よく”cool”と一緒に使われることが多いです。

“cool”は二つほど意味があり、「冷たい」、「涼しい」という意味とともによく若者などに使われている意味は「最高」、「すごい」など。いろんな場面で使えるのでとても便利な単語です。

samurai-armour-tokyo-national-museum

17. Samurai swords – 日本刀

“The awesome weapon of the super cool ultra warrior.”

和訳:素晴らしいとてもかっこいい武士の武器だ。

“awesome”もよく使われる単語のひとつです。意味は「とってもすごい」で、”cool”よりもすごい時に使われる場合が多いです。人を褒める時、何かを褒める時に使ってみてください。

samurai-sword-tokyo-national-museum

18.Ninjas – 忍者

“Just as famous as Japan’s samurai, the sneaky ninja is loved all over the world.”

和訳:侍と同じく有名なずる賢い忍者は世界でもとても愛されています。

“sneaky”という言葉を直訳すると、「卑怯な」など「こそこそした」などが出てきますが日本で誰かを卑怯などと呼ぶととても悪い意味にとらわれがちです。

英語の場合そんな悪い意味にはならず、”You’re cute, but a little sneaky”(かわいいけど少しずる賢いね。)という冗談まじりに使うことができます。

19. Castles – 城

お城は日本の象徴とも言える建築の一つで、その歴史ある美しい建物に魅了される外国人も少なくはないはず。

osaka-castle

20. Temples – 寺

” Some of the most beautiful places, you’ll find temples all over Japan. Kyoto seems to have one on every block, and they are dotted all around Tokyo.”

和訳:一番美しい場所、それは日本のどこでもあるお寺だ。京都はどのブロックにもあるようで、東京には点々とあるようだ。

“Every block”というと直訳すると「どのブロック」となるが、意味でいうと「街のいたるところにある」となります。道案内するときにも”It’s only one block away.” (それはたった一ブロック先にある)というように使えて便利です。

“Dotted all around” はこの場合「点々とある」になります。”dot”は名詞で「点」という意味にですので、”Dotted”は「点のついた」など「水玉模様の」となります。

Toyota-South-Temple

21.Festivals – 祭り

“Almost every month in Japan there is some kind of festival, always unique and exciting with Japan’s rich culture and history on display.”

和訳:日本にはだいたい月に一つ何かしらのお祭りが開催される。それはいつもまれで面白く、一緒に日本の興味深い文化と歴史が展示される。

“Unique”とは「まれな」、「格別の」、「特有」などの意味を持ちます。この言葉はアートの世界ではよく作品について述べるときに使われます。

ここで使われている“rich”は「高価な」や「裕福」という意味ではなく、「興味深い」や「多彩な」という意味です。よく使える形容詞なので覚えておくと便利です。

naked-man-festival

22. Toilets – トイレ

日本のトイレはいろんな自動機能が付いていて、毎回海外から帰国すると驚きます。外国人にとっても仰天なものでしょうね。これぞ日本のハイテク、日本のおもてなしの心ですよね。

23. Dotonbori, Shinsaibashi and Namba in Osaka – 大阪の道頓堀、心斎橋、難波

“the area is so lively, I just keep going back.”

和訳:このエリアはとても活気があって、私がいつもまた戻ってしまう場所です

“Lively”はとてもポジティブで個人的に好きな単語です。”I just keep going back.” もポシティブな意味で使われ、この二つは良かった場所などを説明するときに使うと便利です。

dotonbori-glico-man

24. Internet speeds – インターネットの速度

日本のインターネットの速度は速いみたいです。今度海外のインターネットと日本のインターネット、どちらが速いのか見てみたいものですね。

25. Motorcycles – オートバイ

この作者によりますと、日本にはいっぱいミニバイクを乗った方が多いみたいです。海外にはない光景なのでしょうか。あと、危なっかしい運転をする方も多いそうです。

Honda-Ape-minibike

26. Asahi Super Dry beer – アサヒビール

海外の日本食レストランでよく見かけるのが「アサヒビール」です。外人の方も好きな方が多いみたいです。

asahi-beer-collection

27. Sweets – スイーツ

“The Japanese do sweets and desserts of all varieties extremely well. I’m still amazed at how often you see something about desserts on TV.”

和訳:日本人がつくりだす全部の種類のデザートやスイーツはよくできている。私はテレビのコマーシャルで見るデザートの数に未だに驚かされる。

“Variety”は「いろいろな」や「種類」という意味です。”I’m amazed”(私は驚いた)に“still”がつきますと「未だに私は驚かされる」という意味に変わります。

Mochi-Anko-Strawberry

28. Interface and Information Design – インタフェイス設計と情報デザイン

“From a floor layout that is easy to read, to train platform signs, it is all pleasing to the eye and easy to understand.”

和訳:簡単に見れる床のレイアウトから、電車のホームでも標識、すべて目に優しくそして簡単に理解できるものばかりだ。

電車のホームは英語でそのままなわけではなく、“platform”という単語を使います。ホーム”home”と言っても家だと勘違いされるので注意です。

information-design-floor-plan-japan

29. Genki drinks – 栄養ドリンク

Literally meaning healthy drink”

和訳:文字通りの意味では健康ドリンク。

“Literally”は本来、ここでも使われてるように「文字通り」などの意味があります。最近では若者にも使われているスラング用語で、「ガチで」などの意味で使われることも多いです。

例えば、”I’m literally dying of hunger.” (私はガチでお腹空きすぎて死んじゃいそう)というふうに使えます。

genki-drinks

30. Eating out, sanitarily – 外食時の清潔さ

“You are always provided with a small sanitary towel (sometimes hot) to clean your hands before getting stuck into your meal.”

和訳:あなたはいつも食べることに集中する前に手を綺麗にするお手拭き(たまに熱い)を渡される。

おしぼり、お手拭きは日本特有の文化です。これを始めに見た外国人は一体これはなんだろうと驚く方が多いです。これはさすが綺麗好きの日本人ですよね。海外にはおしぼりはないので向こうでも欲しい方はウェットティッシュ持参をお勧めします。

Japan Travel Mate の記事に掲載されていたものを和訳しました。外国人(この記事の場合オーストラリア人)から見た日本のすごいところについてです。

 

【新しく追記しました】

 

31. Cheap food – 安い食べ物

 “I’m thinking specifically of western-style restaurant chains (Joyful and Gasto). They are open 24 hours, the prices are cheap, usually below 1000yen and for a little extra you can have all-you-can-drink from the drink bar.”

和訳:「私が思うに特に洋風のレストランチェーン店(ジョイフルやガスト)がそうだ。24時間営業で値段も安く、だいたい千円以下で少し多く払えばドリンク飲み放題などがつけられる。」

“western-style” は洋風や、主に西洋風のことを指します。”chains”は鎖やつながっているもののことを言うこともありますが、ここの場合はレストランのことなのでチェーン店という意味になります。

24時間は日本ではそう珍しいことではありませんが、外国人からしたらとても珍しいことなんです。特にレストランなどで24時間営業なんてことは海外ではめったにありません。

“all-you-can-drink” は飲み放題という意味です。食べ放題は”all-you-can-eat” となります。

 

32. Pachinko – パチンコ

“I’m not the kind of guy that frequents them. The kind of people you’ll find at pachinko parlours are either unemployed or retired.”

和訳:「私は頻繁に利用する人ではない。パチンコ店で見かける人は大抵フリーターか、退職された方だ。」

“Kind of” は日々の会話でもよく使われるフレーズでその使い方はいろいろあります。まずここでの”kind of”は「そのような」や「その種の」という意味で使われています。”The kind of people”(そのような人々)など人や物の種類などを指す場合に使われます。

他の”kind of”の使い方は会話などでよく使われる「多分」や「まあまあ」という意味です。例えば、”You look kind of sleepy.”(君なんか眠そうだね。)という風にも使うことができるのでこの場合に”the”や”a”を前につけないように気をつけましょう。アメリカ英語ではたまに”kinda”と省略して使うことがありますが、これは丁寧な言い方ではないのでそこも気をつけなければいけません。

よく日本語の「フリーター」が和製英語だと思われる方がいらっしゃいますが、英語でそのままフリーターと言っても通じません。「フリーター」と同じ意味となるのが”unemployed” という単語を使います。

 

33. Style – ファッションスタイル

“My favourite place for a bit of Japanese-fashion-assimilation is Uniqlo, check it out and grab yourself some unique limited edition shirts.”

和訳:「私が日本のファッションに融合した時に一番好きだったお店がユニクロだ。ぜひチェックして、ユニクロ限定のシャツたちを自分用に買ってほしい。」

“assimilation”とは「同化」、「融合」などの意味があります。

“check it out”というフレーズはいろんな場面で使われいて、知っておくととても便利なフレーズです。直訳すると意味は「それを調べてみて」など。ただ普段の日常会話などカジュアルな場面での意味は「ちょっと見て」「ちょっと聞いて」となります。この文の場合だとお店をチェックしてという意味にもなりますし、あるいは「ちょっと行ってみて」という意味にもなります。

34. Okonomiyaki – お好み焼き

“Sometimes described as a Japanese pizza. Osaka and Hiroshima are well known for okonomiyaki and truly make some of the best I’ve ever tried.”

和訳:「よく日本のピザと言われる。お好み焼きは大阪と広島で有名で、私が知る中では特に美味しいのがそこだ。」

お好み焼きは「日本のピザ」と説明すれば外国の方も親しみを持ってくれます。ただ、たまに見た目を見てこれは食べたくないっと言われる方もいますので(中の具などが嫌いな方もたまにいます)、外国の方にお好み焼きをご馳走する際まず事前に説明しておくと安心かと思います。

35. Shikoku – 四国

“The bridges are amazing and there is also a phenomenon of whirlpools in the water near the bridges.”

和訳:「橋が素晴らしいよ、それに橋の近くには渦巻きができる現象が起きるらしい。」

“phenomenon” は「現象」という意味もあり、「能力」、「天才」という意味でも使われます。

“whirlpools” は「渦巻き」という意味です。日本語の「ジャグジー、ジェットバス」は英語で”Jacuzzi” となりますが、”whirlpool bath” という時もあります。

36.Japanese-to-English translations – 和英訳

“Everywhere you will find Japanese that has been translated to English. I’m always on the lookout for these, a laugh is guaranteed.”

和訳:「日本ではどこでも日本語から直訳された英語の文章が見つかる。私はいつもそれを探してるよ、笑えるのは保証されてる。」

最近はいたるところに英語表記がありますが、たまに間違った英語を使ったものを見かけます。少し間違えてしまうと全然違う意味にもなってしまいますので、そこは気をつけたいものです。

37. Mt Fuji – 富士山

“This is just a damn cool lookin’ mountain” 

和訳:「これはめっちゃかっこいい山だ。」

“damn” という言葉はいろんな意味で使われます。そのままの意味はののしり言葉(英語でいう”Swearing word”)として知られています。ネガティブな言葉にみえますが、普段はカジュアルな会話などで用いる場合、「めちゃくちゃ」「すごく」といった意味で使われます。例えばここで使われている”damn cool”(めっちゃかっこいい)もその使い方の一つです。

あと何かを強調したいときにも”damn”は使われます。例えば、”It’s so damn hot today.”(今日めちゃくちゃ暑い。)など。結構日常的にも使える単語なので使い方も覚えておくと便利です。

 

38.Train stations – 駅

“Train stations are actually less of a train station and more of a mega shopping complex, with multiple levels above and below ground to do almost any kind of shopping imaginable.”

和訳:「実は鉄道の駅には駅よりも数階あり、地下には想像できる限りのお店が並ぶショッピングモールの方が充実している。」

日本の駅にはお店のほかホテル、レストランなどいろんな施設が用意されていますよね。海外ではこれだけ充実した施設が駅にあることはなかなかありません。あっても食べ物を調達できるところや本屋くらいです。海外の駅に慣れていると、日本に帰ってきた時、数何階もあるのでよく迷ってしまいます。

39. Architecture – 建築

” From the almost ancient temples and castles, to modern houses which retain a flair of historic Japanese design, there is a lot of impressive architecture all over Japan.”

和訳:「古代のお寺やお城から現代の家々には古き日本のデザインのセンスの良さが保たれている。日本のあらゆる場所に印象的な建築物がある。」

“ancient”は「古代」という意味で、その反対が”modern” で「現代」という意味です。

“flair”は「センスの良さ」のことを指します。他に「才能」、「スマートさ」などという意味としても使われています。発音が”flare”(燃え上がる)と同じなので聞き間違えのないように気をつけましょう。

40. Masks – マスク

“I think this is really hygienic and should be adopted everywhere around the world. ” 

和訳:「これは本当に衛生的で、世界中で使われるべきであると私は思う。」

日常的にマスクをつけるのは実は、日本独特です。旅行された方はわかるかもしれませんが、マスクなんて海外で売られているのを見たことがありません。風邪予防の方もいますが、自分の風邪を人にうつしたくないという方もマスクをするというのを聞いて、さすが気配りができる日本人だなっと思いました。

写真はすべてJapan Travel Mate のブログから引用しております。続きは、随時加筆していきます。

【関連記事】
・フィリピンでコーヒーを育てるNPO代表が、常に意識している事とは
・ネパールとラオスの未来を創り続ける石原ゆり奈さんの原点とは
・私の弟がTOEIC 800点を一ヶ月でクリアした時の勉強方法
・ワンダイレクション『What Makes You Beautiful』の歌詞和訳で英語マスター!パート②
・英語のチャットでよく見かけるネットスラング厳選20

LINEで送る
Pocket

http://worlli.com/wp-content/uploads/2016/12/mt-fuji-from-a-bus-500x313.jpghttp://worlli.com/wp-content/uploads/2016/12/mt-fuji-from-a-bus-120x120.jpghazukiのぞき見、海外ニュースライフスタイル日本のすごいところ今回は、Japan Travel Mate の記事に掲載されていた外国人(この記事の場合オーストラリア人)から見た日本のすごいところについてをまとめてみました。私も日本を離れて見て多くの日本のすごいところを発見しました。役に立ちそうな英単語は詳しく説明もしていますので、英語を学習される方は勉強をしながら読み進めてもらえたらと思います。 1. Free Tissues - ティッシュ配り 'Grab a pack for your travels… they come in handy' 和訳:「旅のためにいっぱいもらっておこう、後で役に立つから。」 'They come in handy' もよく会話で聞く言い回しです。'Handy' という言葉だけ使うと「便利な」、「役に立つ」という意味になります(例えば 'This book is really handy.' これは「この本は本当に便利だ。」という意味になります。) 'Comes in handy' というフレーズだとhandyが動詞として使われます。この場合は「ティッシュは持っておくと役に立つ。」と言っていることになります。 2. You can drink alcohol just about anywhere - どこでもお酒を飲めること 'Low restrictions on where you can drink means you can drink...Just another WordPress site